「BI」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

BI

BI(ビジネスインテリジェンス)とは、企画/経営層や一般ユーザが、自ら情報を駆使して売上や顧客などの分析を行い、迅速に意思決定を行うことを指す。BIを実現するためには2つの基本要素が必要で、1つがいつでも必要なデータにアクセスできるよう、データのアベイラビリティを確保すること、もう1つが、そのデータをエンドユーザが自由に使いこなせる環境を構築することで、利用するツールとしては、前者がデータウェアハウスやデータマート、後者がOLAPを始めとする分析ツール群である。

BIの新着カタログ

BIの新着事例

BIの新着セミナー

社内外にあるデータを有効活用!社内の業務を効率化! DataSpiderハンズオンセミナー

株式会社アシスト

2019/05/22(水)15:00~17:30 他

  • 大阪府
  • 無料
  • 定員10名
  • 情報システム
  • データ分析
  • 開発

WebFOCUSハンズオンセミナー

株式会社アシスト

2019/05/10(金)13:30~17:00 他

  • 大阪府
  • 無料
  • 定員10名
  • 情報システム
  • データ分析

Let's Start Microsoft Power BI

株式会社大塚商会

2019/04/19(金)13:30~16:30 他

  • 大阪府
  • 有料
  • 定員20名
  • データ分析

BIの市場シェア情報

BIの新着記事

BIの新着ホワイトペーパー

BIの基本機能とは?

BIに必要な機能としては、主に以下の3つが挙げられる。
●データウェアハウス
社内外に散らばったデータ群から、収集、集計、標準化して、1箇所に統合し、必要な情報を効率よく取り出せるようにデータベース化したもの。

●OLAP(On-line Analytical Processing)
データウェアハウスに蓄積されたデータを、様々な角度から集計するための機能。

●指標モニタリング
例えば経営者層・管理者層が意思決定に必要な情報を「ダッシュボード」上に一覧表示したり、スコアカードで経営を可視化したりすることができる。

BIの導入メリットとは?

BIの導入メリットとしては、主に次の2つが挙げられる。
●現状の見える化
企業活動のデータを分析することで、製品品質のボトルネックを発見したり、改善のための気付きを得ることができる。

●分析結果の直感的な把握
人手の介在を無くしたペーパーレスでのタイムリなレポート配布を実現できることで、効率的で迅速な分析業務を可能にし、得られた結果を直感的に理解することができるようになる。