CDNのITセミナーを探す

CDN、つまり、コンテンツ配信ネットワークとは、「特定のWebコンテンツ」を「あらゆるユーザ」に配信する場合に用いられるもので、主に動画や画像といった“重い”Webコンテンツの負荷分散を目的に、オリジナルのコンテンツを格納しておくコンテンツ(オリジン)サーバから複数のキャッシュサーバへと展開し、そこからユーザへと配信する仕組みのこと。