SDNのITセミナーを探す

SDN(Software Defined Network)とは、物理的なネットワーク構成をそのままに、ソフトウェアで通信経路を制御できる機能を持ったネットワークのこと。SDNはITシステムの仮想化が進むなかでネットワークがどんどん複雑化していくのを防ぐことができる。ネットワークが複雑化する主な要因は、サーバ仮想化によってサーバ増設が簡単になったからである。仮想化技術を導入することで社内のサーバ数が飛躍的に増加する現象がいたるところで起きており、その増加スピードにネットワーク構成変更が追いつかない状況が生まれている。SDNは、この課題に対しての解決策の1つとして期待されている。