「その他仮想化関連」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

その他仮想化関連

その他仮想化関連としては、仮想化環境の運用管理ツール(仮想インフラ管理ソフト)を挙げることができる。これは仮想化環境の運用性と可用性を向上させるための運用管理ツールである。仮想化により、1つのシステムの中に物理サーバと仮想サーバが混在するようになり、両者を一括して運用管理することができるツールの必要性が高まっている。

その他仮想化関連の新着カタログ

その他仮想化関連の市場シェア情報

その他仮想化関連の新着記事

その他仮想化関連の新着ホワイトペーパー

その他仮想化関連の基本機能とは?

仮想インフラ管理ソフトの主な機能は次の通り。
●マルチプラットフォームの統合運用
仮想環境・プラットフォーム毎に異なる操作・監視を 共通化することが可能。日々の運用・監視で利用する、サーバの起動、停止、 リブートいった操作や、サーバ情報の表示を同じ画面で行うことができる。
●物理・仮想サーバの簡単運用
サーバの運用管理機能を提供するコンソールや簡易ビューアを提供。サーバ状態がアイコンで表示されるので、電源のオンとオフやハード障害の発生有無が誰でも容易に確認できる。また、状態を表示するだけではなく、直感的なインターフェースで仮想サーバも含めたサーバの起動、停止、リブートができる。
●仮想サーバのネットワーク構成可視化
仮想サーバや仮想スイッチのネットワークの結線をマップ表示。複雑なネットワーク構成でも、部分的に選択して見やすく表示できるため、スイッチが故障した場合などの状態を、その影響範囲も含めて容易に確認できる。

その他仮想化関連の導入メリットとは?

仮想インフラ管理ソフトの主な導入メリットは次の通り。
●サーバ管理の簡単化
マルチプラットフォームの統合管理や物理・仮想サーバの運用が簡単に行えるようになり、サーバの運用管理の手間や煩雑さが大幅に解消される。
●運用コストの削減
負荷増大や業務拡張時のサーバ増設を簡易化でき、サーバ故障時の予備サーバへの切り替えを自動化することで、運用コスト削減が図れる。
●導入作業効率のUP
サーバ追加時の複製自動化と環境設定の自動化が可能になる。また、統一された運用管理ビューにより、様々なプラットフォームのサーバを同じ操作で管理できる。