迫り来るWin7/Win2008サポート終了!老朽VBアプリ資産の移行は?

セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2018/08/09

迫り来るWin7/Win2008サポート終了!老朽VBアプリ資産の移行は?


システムズ


迫り来るWin7/Win2008サポート終了!老朽VBアプリ資産の移行は?のセミナー概要 迫り来るWin7/Win2008サポート終了!老朽VBアプリ資産の移行は?のプログラム 迫り来るWin7/Win2008サポート終了!老朽VBアプリ資産の移行は?の申込み



開催日時

2018年9月14日(金) 14:30〜16:30|申込み締切 2018年9月13日(木)
会  場 システムズ 大阪事業所 セミナールーム
大阪府大阪市西区江戸堀1-5-16 肥後橋MIDビル 2階
地下鉄四つ橋線 肥後橋駅 (5B出口すぐ) 徒歩1分 地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 徒歩6分 京阪中之島線 渡辺橋駅 徒歩6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|全社スタッフ
参加者プレゼント
スマホタッチペン付3色+1色スリムペン


セミナー概要

●デモ&事例で解説●VBモダナイゼーションで.NET移行のススメ


2020年にサポート終了を迎えるOS「Windows 7/Windows Server 2008/R2」の移行に関する問い合わせがここにきてさらに増えてきています。今回はこの問題をテーマに取り上げ、VBアプリ資産の移行、データベースの移行、既存資産の可視化の3つの観点からそれぞれセッションを行います。Windowsレガシーや既存システムの肥大化などの問題でお悩みの企業にとっては、格好のチャンス。奮ってご参加ください。

Microsoft社のWindows 7 と Windows Server 2008 の延長サポートが終了する2020年1月まで1年半を切りました。「2020年問題」と呼ばれ、大変な大きな混乱が予想されてはいますが、新OSへの移行準備はすでにお済みでしょうか?

延長サポート終了によるするセキュリティリスクも大きな問題ですが、「Visual Basic 6.0」で開発されたアプリ資産の稼働環境がさらに厳しい状況になるといった点も忘れてはなりません。迫り来るWindows OSの延長サポート終了により、VB6.0で開発されたアプリ資産の継承に対する対策はもう待ったなしの状況となっています。

Windowsレガシー問題の、特にVB6.0で開発されたアプリ資産の継続使用か移行かの問題には早急に対策を講じたいところ。本セミナーをその道しるべとしてご活用いただければ幸いです。受講は無料。また、久方ぶりの大阪セミナー開催となります、ぜひお気軽にご参加ください。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2018/09/14
14:00〜14:30

開場 〜 受付

セミナー受付(御名刺と受講票をご持参ください。)
2018/09/14
14:30〜14:40

オープニング(ご挨拶とセミナーのアジェンダ紹介)

講師 中本 周志
株式会社システムズ 開発事業本部
2018/09/14
14:40〜15:30

『セッション1』 迫る!Windows 7 サポート終了〜 やるなら今!VB6.0アプリ資産モダナイゼーションの勘所 〜

VBアプリ資産移行編/2020年のWindows 7とWindows Server 2008のサポート終了が残り1年半を切り、特にVisual Basic 6.0(VB6.0)で開発されたアプリ資産の移行対策に関するお問い合わせがますます増加しつつあります。サーバおよびクライアントOSのサポート終了で増大するセキュリティリスク、厳しい状況に追い込まれつつある開発と稼働環境、といった様々な課題が伴い今後VB6.0アプリ資産をどうしていくのか? これから早急に対処しておきたいWindowsレガシー問題を、当社独自のVB変換ツールのデモも交えて分かりやすくお答えします。
講師 板倉 利幸
開発事業本部 ソリューション開発グループ
プロジェクトマネージャー
2018/09/14
15:30〜15:40

休憩

モダナイゼーションプロジェクトのアウトプット資料一式(変換仕様書、棚卸サンプル、可視化サンプルなど)を資料閲覧コーナーでご覧いただけます。
2018/09/14
15:40〜16:00

『セッション2』 注目度が高まる商用データベースからOSSデータベースへのモダナイゼーション 〜 コスト負担の高い商用DBの保守料の削減を実現するには 〜

DBモダナイゼーション編/レガシー化するアプリ資産のモダナイゼーションを進める際に、「データベース」の移行も併せて検討される場合が多々あります。本セッションでは、毎年の改定で保守料が高止まりする商用データベースのコストダウンをテーマに、近年、機能/性能面での進化が著しいオープンソースデータベース(OSS-DB)への商用DBからの移行について、具体的な移行先DBについての比較を交えご紹介します。
講師 板倉 利幸
開発事業本部 ソリューション開発グループ
プロジェクトマネージャー
2018/09/14
16:00〜16:30

『セッション3』 レガシー資産再構築を進めるにはまず既存資産の可視化から〜 レガシーシステム総合診断で準備的モダナイゼーション 〜

準備的モダナイゼーション編/会社の重要な資産である基幹システムが肥大化・複雑化したまま放置されていては、レガシーシステムのモダナイゼーションは困難です。これ以上問題を深刻化させないために、また、本格的なモダナイゼーションを進める前にやっておきたい準備的モダナイゼーション。既存IT資産の現場を可視化・分析して、今後の最適なIT再構築計画を生み出すためのアプローチを、適用事例を交えて解説します。
講師 板倉 利幸
開発事業本部 ソリューション開発グループ
プロジェクトマネージャー
2018/09/14
16:30〜17:00

閉会/モダナイゼーションに関する個別ご相談など

セミナー参加企業様のレガシー問題に個別でご相談を承ります。
講師 当社モダナイゼーション開発SEメンバー

このページの先頭へ


申込み

セミナーに参加を希望される方は、以下のフォームにご入力後、「確認画面へ」をクリックして下さい。お申し込み多数の場合、参加をご遠慮いただくことがございます。予めご了承下さい。


セミナー名:迫り来るWin7/Win2008サポート終了!老朽VBアプリ資産の移行は? 会社名:システムズ

* は必須項目です) 1.入力

(1)参加希望の日時にチェックを入れて下さい。 *


(2)参加の目的を教えて下さい。




(3)上記以外に問い合わせたいことがあれば、
  ご記入下さい。
(4)よろしければ、本セミナーを知ったきっかけを、
 教えて下さい。 *












掲載企業


株式会社システムズ
住 所 : 東京都品川区西五反田7-24-5 西五反田102ビル8F
TEL : 03-3493-0032
FAX : 03-3493-2033
e-mail : migration@systems-inc.co.jp
URL : http://www.systems-inc.co.jp/


Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50073409


IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ