ベテランアーキテクトが語る、セキュアなソフトウェア開発の勘所

セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2018/07/12

ベテランアーキテクトが語る、セキュアなソフトウェア開発の勘所


オージス総研/アスタリスク・リサーチ/協力:マジセミ/オープンソース活用研究所


ベテランアーキテクトが語る、セキュアなソフトウェア開発の勘所のセミナー概要 ベテランアーキテクトが語る、セキュアなソフトウェア開発の勘所のプログラム ベテランアーキテクトが語る、セキュアなソフトウェア開発の勘所の申込み



開催日時

2018年7月31日(火) 14:30〜18:00|申込み締切 2018年7月30日(月)
会  場 TKPガーデンシティ渋谷 カンファレンスルーム4B
東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル4F
JR 『渋谷駅』 徒歩3分、地下鉄 『渋谷駅』徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

25名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|プログラマ


セミナー概要

【増え続ける被害、不正アクセスによる個人情報や機密情報の流出事故】

Webサイトに不正にアクセスされ、個人情報や機密情報が流出してしまう事故が後を絶ちません。その被害は、残念ながら年々増加しており、ユーザーのデータだけでなくサービスやプロダクトのオーナーのビジネス継続にまで影響を及ぼします。こうしたセキュリティ問題の原因は、どこにあるのでしょうか。

【根本的な解決方法】

本セミナーでは、セキュア・バイ・デザインの実践にフォーカスします。悪用されるセキュリティ上の弱点は何かを明確にし、企画・設計段階ですべきこと、構築・検証段階のポイント、また、早期にセキュリティを繰り返し検証するプラクティスをどのように実践すべきかを解説いたします。
本内容により、サービスやプロダクトのオーナーのビジネスが、脆弱性対策でのクオリティ、コスト、スピードをどのように改善でき、リスクを下げられるかを考えるための強力な材料として頂くことができます。

世界でも信用度の高いアプリケーションセキュリティ・ガイドの最新版「OWASP Top 10 - 2017」の日本語版翻訳に携わったプロフェッショナルチームによる、ビジネスオーナー、開発リーダーのためのセミナーです。

◇カジュアルな雰囲気のセミナーです。自由な服装でお越しください!◇


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2018/07/31
14:00〜14:30

受付

ウェルカムコーヒーをご用意しております
2018/07/31
14:30〜14:35

オープニング

2018/07/31
14:35〜14:40

ご挨拶

講師 永並 真
株式会社オージス総研 事業開発本部 アプリケーションセキュリティソリューション部
部長
2018/07/31
14:40〜15:10

(基調講演)「もし組織にサイバー攻撃予告が届いたなら」

講師 岡田 良太郎
株式会社アスタリスク・リサーチ
2018/07/31
15:10〜15:40

Webアプリケーションにおけるセキュアアーキテクチャ構築の起点〜OWASP Top10 - 2017を起点に〜

講師 安藤 崇周
株式会社オージス総研 事業開発本部 アプリケーションセキュリティソリューション部
2018/07/31
15:40〜15:50

休憩

2018/07/31
15:50〜16:00

サービスが本当に必要としているセキュリティテストとは

講師 ロバート・ドラーチャ
株式会社アスタリスク・リサーチ
2018/07/31
16:00〜16:10

オージス総研のアプリケーションセキュリティソリューション

講師 早苗 朋宏
株式会社オージス総研 事業開発本部 アプリケーションセキュリティソリューション部
2018/07/31
16:10〜16:40

オープン・ディスカッションセッション

2018/07/31
16:40〜16:45

クロージング

クロージングの後、17:00〜18:00 別室にて懇親会を予定しております。

このページの先頭へ


申込み




掲載企業


株式会社オープンソース活用研究所
住 所 : 東京都港区海岸1丁目14-17 ベイサイド竹芝1307
e-mail : info@osslabo.com
URL : https://osslabo.com


Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50073069


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ