IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2018/05/01

SIAM概要無料セミナー


IT&ストラテジーコンサルティング


SIAM概要無料セミナーのセミナー概要 SIAM概要無料セミナーの申込み



開催日時

2018年6月1日(金) 15:00〜16:30|申込み締切 2018年5月31日(木)
会  場 IT&ストラテジーコンサルティングセミナールーム
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町中央ビル4F
日比谷線・都営浅草線 人形町駅(A1及びA4出口) 徒歩7分
半蔵門線 水天宮前駅(5番及び7番出口) 徒歩9分
都営浅草線 東日本橋駅(B1及びB2出口) 徒歩7分
都営新宿線 浜町駅(A2出口) 徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |営業・販売|経営者CIO


セミナー概要

マルチベンダーによるITサービスの統合管理手法のご紹介


現在多くの組織では、複数のサービスプロバイダのサービスを複合的に利用しているかと思います。

ITILやISO/IEC20000は組織単位でのITサービスを管理する手法ですが、1組織で完結するサービスを前提としていますので、これらの手法だけでは十分な管理ができません。

そこで、、複数のサービスプロバイダを一元的に管理し、シームレスなサービスとして管理する手法として考えられたのが「SIAM」です。

※SIAMとはService And Integration Management(サービス統合管理)です。

SIAMのコンセプトは2005年より英国の公共部門で採用されはじめ、2012年に英国政府が「Cross Government Strategic SIAM Reference Set(省庁横断 戦略的SIAMリファレンス集)」を出版したこと英国だけでなくでヨーロッパ各国で急速に普及しました。

ワールドワイドオリンピックパートナーであるITコンサル企業のアトス(Atos:フランス)もSIAMを積極的に活用しており、2020年の東京オリンピックでもSIAMに基づいたIT統合管理を行っていくものと思われます。


日本国内では、EXINが昨年SIAMファンデーション試験の日本語化をおこない、また、
SCOPISM社が先月「SIAM Foundation BoK(SIAMファンデーション知識体系)」の日本語版を出版するなど、SIAM普及の環境が整いつつあります。

SIAMの考え方が普及してくることで、ITベンダーにとっては、サービスを統合的に管理する「SIer」(システムインテグレータではなく、サービスインテグレータ)としてのビジネスチャンスがあり、またユーザ企業の立場でもそういったITベンダーとどう付き合っていくかが重要となります。

IT&ストラテジーコンサルティングでは、2018年5月よりSIAMファンデーション認定試験対策研修をスタートするとともに、SIAM導入のコンサルティングサービスをスタートさせます。

それに先立ち、2018年6月1日(金)にSIAMの概要をお伝えする無料セミナーを開催いたします。

SIAMにご関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。



このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社IT&ストラテジーコンサルティング
住 所 : 東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町中央ビル4F
e-mail : info@itstrategy.jp
URL : http://itstrategy.jp



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50072269


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ