環境の変化に耐えうる強い組織・事業づくり

セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2017/12/05

環境の変化に耐えうる強い組織・事業づくり


主催:SAS Institute Japan/共催:ディーバ


環境の変化に耐えうる強い組織・事業づくりのセミナー概要 環境の変化に耐えうる強い組織・事業づくりのプログラム 環境の変化に耐えうる強い組織・事業づくりの申込み



開催日時

2017年12月21日(木) 14:00〜17:30|申込み締切 2017年12月20日(水)
会  場 ナレッジキャピタル カンファレンスルーム RoomC-01
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪内
電車をご利用の場合
◎JR「大阪」駅 徒歩 3分
◎地下鉄御堂筋線「梅田」駅 徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|営業・販売


セミナー概要

多角化する事業の中、企画部門に求められる役割とは


「環境の変化に耐えうる強い組織・事業づくり」をテーマに開催します。
環境変化に対応していく為に企画部門ではどのような考え方・体制・仕組みが必要なのか、
企画部門に求められる役割から管理の高度化・効率化の進め方まで
具体的な事例を交え連結会計と分析の2軸から掘り下げていきます。



このページの先頭へ


プログラム

2017/12/21
13:30〜14:00

受付

14:00〜14:30

企画部門に求められる役割と取組事例のご紹介

“環境の変化に耐えうる強い組織・事業・・・”、中計などでよく見られる言葉ですが、2017年の日本の環境を振り返りながら、現環境下で企画部門に求められるニーズ分析と弊社が支援した取り組み(事例)をご紹介します。
講師 弓場 肇
株式会社ディーバ
CPM事業部
14:30〜15:10

環境変化に対応する多軸収益管理の取り組み

化学品製造業における多軸・連結・詳細科目による予実管理の実現に向けた取り組みをご紹介します。
短期間に大きく変動する原材料価格を適切に反映し、運賃、その他コストを加味した多軸利益の把握により、実績の早期分析、製品グループ単位でのアクションプラン策定、将来予測等に役立てる方針です。
講師 小山 瑞喜
株式会社ディーバ
CPM事業部
15:10〜15:50

業務の効率化・自動化による役割の変化

個社・連結数値の作成業務の負荷が高く本来の役割が果たせていないという課題を解決するため業務の効率化・自動化に取り組んだプロジェクトの事例をご紹介します。
講師 友清 純子
株式会社ディーバ
CPM事業部
15:50〜16:00

休憩

16:00〜16:40

(仮)経営情報分析の手段

経営情報を分析・活用するための方法をご紹介いたします。
講師 SAS Institute Japan株式会社
16:40〜17:30

個別相談会

セミナー内でご紹介した内容やそれ以外の内容も含めて、質問や相談事項があれば、各セッションの講師に個別にご相談ください。

このページの先頭へ


申込み

セミナーに参加を希望される方は、以下のフォームにご入力後、「確認画面へ」をクリックして下さい。お申し込み多数の場合、参加をご遠慮いただくことがございます。予めご了承下さい。


セミナー名:環境の変化に耐えうる強い組織・事業づくり 会社名:主催:SAS Institute Japan/共催:ディーバ

* は必須項目です) 1.入力

(1)参加希望の日時にチェックを入れて下さい。 *




(2)参加の目的を教えて下さい。




(3)上記以外に問い合わせたいことがあれば、
  ご記入下さい。
(4)よろしければ、本セミナーを知ったきっかけを、
 教えて下さい。 *











掲載企業


SAS Institute Japan株式会社
住 所 : 大阪支店 〒530-0004 大阪市北区堂島浜1-4-16 アクア堂島西館12F
TEL : 06-6345-5700
URL : https://www.sas.com/ja_jp/company-information.html#profile


Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50070556


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ