F5/Palo Alto/Proofpointで行うOffice 365のセキュリティ

セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2017/11/08

F5/Palo Alto/Proofpointで行うOffice 365のセキュリティ


テクマトリックス


F5/Palo Alto/Proofpointで行うOffice 365のセキュリティのセミナー概要 F5/Palo Alto/Proofpointで行うOffice 365のセキュリティのプログラム F5/Palo Alto/Proofpointで行うOffice 365のセキュリティの申込み



開催日時

2017年11月22日(水) 15:00〜17:30|申込み締切 2017年11月20日(月)
会  場 テクマトリックス株式会社 東京本社セミナールーム
東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル
京浜急行・都営浅草線「泉岳寺」駅より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用|システムの設計・運用
参加者プレゼント
当日ご来場の方全員に、テクマトリックスオリジナルノベルティグッズをプレゼント。


セミナー概要

独自クラウドサービス連携でOffice 365のテナント制御も実現


【Office 365に最適なインフラ構築とセキュリティ対策がわかる】
Microsoft社のOffice 365を導入される際にセキュリティリスクとなるテナントの制御について、ご相談をいただく機会が増えています。Office 365は、自社のテナント以外に、個人、派遣元、委託元でも契約していれば利用できてしまい、情報漏洩のリスクがあります。
本セミナーでは、この課題の解決策として、当社の独自クラウドサービス「テクマクラウド」とF5 BIG-IP、Palo Alto Networks PAシリーズの連携によるトラフィックマネージメントとテナント制御の手法を解説します。更に、次世代ファイアウォールで行うOffice 365のセキュリティ運用手法や、ProofpointのメールセキュリティサンドボックスによるOffice 365メールサービスのセキュリティ対策についてもご紹介します。
Office 365を導入検討中または既にご導入済みのお客様で、回線の負荷軽減やセキュリティ対策にご興味をお持ちのお客様は、是非お誘い合わせの上ご来場ください。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2017/11/22
15:00〜15:05

開演のご挨拶

2017/11/22
15:05〜15:45

F5 BIG-IPで行うOffice 365のトラフィック制御とセキュリティ対策

本セッションでは、Office 365の新たな課題である「テナント制御」についてご紹介します。F5 BIG-IPと、当社の独自クラウドサービス「テクマクラウド」によって、Office 365独自の悩みであるセッション増加への対応も行える一石二鳥のソリューションをご説明します。
講師 テクマトリックス
ネットワーク営業部 ネットワークプロダクツ営業1課
2017/11/22
15:45〜16:25

Palo Alto Networks社製品で実現するOffice 365のセキュリティ対策/F5+Palo Altoで行うOffice 365のセキュアなテナント制御

Office 365の利用が広まるにつれ、そのセキュリティ対策が課題となっていますが、国内No.1の売上実績*を誇るPalo Alto Networksの次世代ファイアウォール"PA"でも、その対策が一筋縄ではいかない部分がいくつかあります。本セッションでは、多くのお客様から見聞きしたOffice 365のセキュリティの課題を洗い出し、極力運用の手間をかけずに、よりセキュアにする方法をご提示します。また、F5のBIG-IPとPalo Alto PAシリーズで行うOffice 365のセキュアなテナント制御についてもご紹介します。

*富士キメラ総研 2016ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 ファイアウォール/UTMアプライアンス国内市場(金額ベース)
講師 テクマトリックス
ネットワーク営業部 ネットワークプロダクツ営業2課
2017/11/22
16:25〜16:35

休憩

2017/11/22
16:35〜17:15

Office 365のメールセキュリティの課題をProofpointで解決

複数あるOffice 365のサービスの中でも、最も利用されているのはメールサービスです。Office 365の導入が企業で進む中、そのメールサービスはスパム、フィッシングやBusiness Email Compromise(ビジネスメール詐欺)の格好の標的となります。当セッションでは、Office 365のメールサービスを狙った攻撃の可視化と、そのセキュリティ対策をご紹介します。また、Palo Alto Networksのサンドボックス「WildFire」と、Proofpointのサンドボックス「Targeted Attack Protection (TAP)」の連携ソリューションも解説します。
講師 テクマトリックス
セキュリティ営業部 セキュリティプロダクツ営業2課
2017/11/22
17:15〜17:30

質疑応答


このページの先頭へ


申込み

セミナーに参加を希望される方は、以下のフォームにご入力後、「確認画面へ」をクリックして下さい。お申し込み多数の場合、参加をご遠慮いただくことがございます。予めご了承下さい。


セミナー名:F5/Palo Alto/Proofpointで行うOffice 365のセキュリティ 会社名:テクマトリックス

* は必須項目です) 1.入力

(1)参加希望の日時にチェックを入れて下さい。 *




(2)参加の目的を教えて下さい。




(3)上記以外に問い合わせたいことがあれば、
  ご記入下さい。






掲載企業


テクマトリックス株式会社
住 所 : 東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル
TEL : 03-4405-7817
e-mail : cylance-info@techmatrix.co.jp
URL : https://www.techmatrix.co.jp/product/cylance/index.html


Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50070248


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ