ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順

セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2017/11/01

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順


ゾーホージャパン


ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順のセミナー概要 ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順のプログラム ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順の申込み



開催日時

2017年12月19日(火) 16:00〜17:30|申込み締切 2017年12月18日(月)
2018年1月19日(金) 16:00〜17:30|申込み締切 2018年1月18日(木)
2018年3月22日(木) 16:00〜17:30|申込み締切 2018年3月21日(水)
会  場 みなとみらい クイーンズタワーC棟12階 ゾーホージャパン株式会社 セミナールーム
神奈川県横浜市西区みなとみらい2−3
みなとみらい線 みなとみらい駅 直結 クイーンズスクエア改札口より徒歩3分
改札を出て左手の長いエスカレーターを上がりきった左前方にあるパン屋とカジュアル衣料店の間の通路からタワーC棟にお入りください。

参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括


セミナー概要

こんな方にオススメです


この手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...
●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい
●導入実績や製品の強みを知りたい
●どのような手順で障害を切り分けていくのか知りたい
ManageEngineのサーバー・ネットワーク統合監視ツール「OpManager」を、導入実績やケーススタディを交えて紹介します。みなさまの疑問・質問にお答えする質疑応答や個別相談会も実施します。是非、ご参加ください。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

16:00〜16:30

エンドユーザーからの「何か遅い」その原因を特定するためのポイントとOpManagerの強みとは

このセッションでは、原因を特定するためのポイントとOpManagerがそのポイントに対してどこからどこまでできて、それにはどれくらいの費用がかかるのか、OpManagerの強みをご紹介いたします。
16:30〜17:00

OpManagerによる障害切り分け手順例

このセッションでは、具体的なケースを設定し、エンドユーザーに「何か遅い」と言われている問題の原因をOpManagerでどのように把握していくのか、その手順をOpManagerの実際の画面と合わせて紹介します。
17:00〜17:10

質疑応答

17:10〜17:30

個別相談会

貴社または貴社の提案先となるお客様が現在抱えている課題についてお気軽にご相談ください。
※ 参加、途中退出自由

このページの先頭へ


申込み

セミナーに参加を希望される方は、以下のフォームにご入力後、「確認画面へ」をクリックして下さい。お申し込み多数の場合、参加をご遠慮いただくことがございます。予めご了承下さい。


セミナー名:ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 会社名:ゾーホージャパン

* は必須項目です) 1.入力

(1)参加希望の日時にチェックを入れて下さい。 *






(2)参加の目的を教えて下さい。




(3)上記以外に問い合わせたいことがあれば、
  ご記入下さい。






掲載企業


ゾーホージャパン株式会社
住 所 : 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目6番1号 MMCB13階
TEL : 045-319-4613
FAX : 045-330-4149
e-mail : jp-memarketing@zohocorp.com
URL : https://www.manageengine.jp/


Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50070150


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ