アジャイル手法を使ったソフトウェアのモデル化と開発◆23PDU

セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2017/10/26

アジャイル手法を使ったソフトウェアのモデル化と開発◆23PDU


ラーニング・ツリー・インターナショナル


アジャイル手法を使ったソフトウェアのモデル化と開発◆23PDUのセミナー概要 アジャイル手法を使ったソフトウェアのモデル化と開発◆23PDUの申込み



開催日時

2018年2月19日(月)〜2018年2月21日(水) 09:00〜18:00|申込み締切 2018年2月3日(土)
会  場 ラーニング・ツリー神保町セミナールーム
東京都千代田区神田神保町3-10-2 共立ビル5階
■神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)A2出口より徒歩3分
■九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)5番出口より徒歩5分
■水道橋駅(JR)西口より徒歩8分

地図はこちら
参加費

有料 19万2240円(定価)/税込
定 員

16名
こんな方にオススメ

プログラマ |システムの設計・運用|情報システム部の統括


セミナー概要

アジャイルプロジェクトのリアルな実体験型コース


アジャイルソフトウェア開発に関して、ケーススタディを通して、ユーザー要件を満たすアプリケーションを開発するために反復的で、機能駆動で顧客主導のアジャイル開発手法を学びます。さらに、このトレーニングを通じてアジャイル開発チームの色々な役割を演じる事で、実践的な体験をします。

このコースを通して、次のスキルが習得できます。
・アジャイルソフトウェアプロジェクトによって管理、設計、テスト、開発を行う
・相対的な作業量とビジネス価値に基づいてイテレーションを計画する
・バックログ、バーンダウンチャート、タスクボードを使って進捗を監視する
・テスト駆動開発で品質向上を図る
・定期的なレビューやレトロスペクティブを使って、チームの生産性を最適化する

■コースの対象者■
アナリスト、プログラマー、設計者、テスト担当者、その他の開発チームメンバーで、最新のソフトウェアエンジニアリング技術やUMLを学びたい方。

■担当講師のコメント■
アジャイルは、生産性や品質の向上に役立つ開発手法として実績をあげ定着してきました。ただ様々なアジャイル技法の中から、組織やプロジェクトに適した選択をして実施するためは、アジャイルの考え方の十分な理解が不可欠です。理解が不十分で、本来の効果が得られていない事例や、さらにはプロジェクト失敗の原因を作っているような例もあります。また従来の手法とのハイブリッド的な導入が効果的な場合が多くあるのにもかかわらず、あまり認識されていないことも残念です。

このような現状を踏まえて、このコースでは単なる技法の紹介や説明だけに留まらず、それを支えているアジャイルの考え方を十分に理解していただける内容になっています。アジャイルの導入を検討している組織の方々にとって、効果的な導入の助けになるはずです。すでに実施している組織の方々にも、現状の再確認や改善点発見の助けになると思います。インストラクターとの直接の対話を活用して、皆さんのアジャイルに関する疑問を解決してください。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み




掲載企業


ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社
住 所 : 東京都千代田区神田神保町3-10-2 共立ビル5階
TEL : 03-5226-3004
FAX : 03-5226-3001
URL : http://www.learningtree.co.jp


Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50070016


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ