セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2017/04/22

成長企業が注目する次世代ERP


主催:三菱ケミカルシステム/共催:AJS/協賛:SAPジャパン


成長企業が注目する次世代ERPのセミナー概要 成長企業が注目する次世代ERPのプログラム 成長企業が注目する次世代ERPの申込み



開催日時

2017年6月2日(金) 13:30〜17:00|申込み締切 2017年6月1日(木)
会  場 SAPジャパン西日本オフィス
大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル5F
JR大阪駅桜橋出口 徒歩8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用


セミナー概要

化学系製造業のIT戦略動向や事例を半日まとめてご紹介


IoT、ビッグデータ活用、AIやロボットの活用。企業が取り扱うデータは、今“変革の時代”に入っています。IoTの時代に向け、将来企業のシステム像は何か。今回、製造業における業界動向や、IoT活用について、数多くのセミナーやメディアでご講演されている株式会社フロンティアワン 鍋野 敬一郎様をお招きし、国内外における化学業界のトレンドを紐解き、日本の化学・素材メーカーのIoTへの取り組み動向と、2020年に向けて直面する課題に迫ります。また、IoT、AI時代におけるデータマネジメントやインフラ基盤の取り組みを紹介し、データを一元化するERPの有効性を紐解きます。

詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2017/06/02
13:40〜14:40

化学業界のトレンドからIoT時代の経営課題を見極める〜2020年IoT時代の国内海外化学業界の成長戦略について〜

化学業界も石油化学/機能性化学/農業用化学と3つの分野に集約され、世界市場では大規模な企業再編が進んでいます。日本の化学業界にとって内憂外患の様相ですが、厳しいビジネス環境で生き残るためには中長期の展望とこれに対応したビジネス基盤が必要です。本セッションでは国内外のトレンドを分かりやすく解説するとともに、欧米先行化学企業が取り組む中長期戦略とこれを支えるERPやIoTなどIT基盤への取り組みについてご紹介いたします。
講師 鍋野 敬一郎
株式会社フロンティアワン
代表取締役/IVIパブリシティ委員会委員長 エバンジェリスト
2017/06/02
14:40〜15:20

IoT、AI時代のためのデータ活用とデータマネジメント

IoT、AI時代。データの在り方も変革の時代に入りました。データ形式の多様性や活用シーンの増加、多角化するデータでも柔軟な管理が可能なデータマネジメントを目指し、当社が今取り組んでいる次世代データ活用構想をご紹介します。
講師 鈴木 輝亮
三菱ケミカルシステム株式会社
基幹システム事業部 ERP事業開発室 室長
2017/06/02
15:30〜16:10

ERP統合への道のりとその成果 "共通と個別"のバランスを実現

統合前には、多くのERPが併存し、複雑なシステム構成になっていました。このため、経営が望むスピーディな組織変更に対応することが出来きませんでした。2015年度に統合プロジェクトが完了し、間おかず、大きな組織変更に対応し、2016年度には無事にプロジェクト完了を実現しました。今回は、統合際しての課題、また、プロジェクトを通して実現した、共通機能・ソリューションについて、ご紹介します。
講師 依田 清孝
AJS 株式会社
ERPソリューション事業部
2017/06/02
16:10〜16:50

ある中堅化学企業様の英断

企業規模にかかわらず、現在はビジネス環境の変化に素早く対応する必要に迫られています。大企業は、SAPを活用し課題の解決を図って来ました。SAPは本当に大企業だけのもの?本セッションでは自社の成長を見据え、導入を決断した中堅化学メーカー様の導入中事例と、活用するソリューションの概要をご紹介します。
講師 斉藤 隆男
三菱ケミカルシステム株式会社
基幹システム事業部

このページの先頭へ


申込み




掲載企業


三菱ケミカルシステム株式会社
住 所 : 東京都墨田区押上1-1-2
TEL : 03-6830-9721
e-mail : RSI-HO-rsihp@notesgw.rsi.co.jp
URL : https://www.mitsubishichem-sys.co.jp/


Myリストへ 印刷用ページへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50067602


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ