ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御!

セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/12/07

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御!


エムオーテックス/Cylance Japan


ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御!のセミナー概要 ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御!のプログラム ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御!の申込み



開催日時

2017年2月8日(水) 14:30〜17:15|申込み締切 2017年2月7日(火)
会  場 グランフロント大阪
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワー B10階
JR大阪駅(JR中央北口)直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

150名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用


セミナー概要

LanScope Cat 最新バージョンをリリース!その全容を大公開


昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯として、数多くのセキュリティ対策を施していた中で、唯一評価端末に入っていたCylancePROTECTによる発見(検知)が“きっかけ”だったと記されています。
多くの企業では様々なサイバー攻撃への対策を行われていますが、本当に現状の対策のみで重要な情報を守れているのでしょうか。エムオーテックスへ相談に来られるお客様の中にも、高価な対策製品を複数導入したが、それでもランサムウェアに感染してどうすれば良いのかを悩まれている方がおられます。
エムオーテックスではこうした市場背景を受け、IT資産管理・内部情報漏えい対策からマルウェア対策までのエンドポイント管理を実現した “LanScope Cat Ver.8.4”を2017年初頭にリリースします。本セミナーでは、最新トレンドを交えながら進化したLanScopeシリーズをご紹介します。



このページの先頭へ


プログラム

14:30〜

受付

15:05〜16:00

AIアンチウイルスCylancePROTECTのご紹介と従来型アンチウィルス製品との比較

ランサムウェアなどの被害が相次ぐ昨今、従来型の定義ファイルベースや振る舞いベースでのエンドポイント対策では十分な防御が実現できていないのが現実です。いま注目を集める人工知能技術を活用した新しいアンチウイルス製品「CylancePROTECT」の仕組みと実際の製品を使ったデモンストレーションをご覧いただき、最新の競合製品との違いなどご紹介いたします。
講師 乙部 幸一朗 氏
Cylance Japan 株式会社
16:10〜16:30

プロテクトキャット導入事例

マルウェア対策の「プロテクトキャット」の導入事例をご紹介いたします。
講師 高橋 輝雄 氏
イー・ガーディアン株式会社
情報システム部 ディレクター
16:30〜17:15

LanScope Cat 最新バージョンリリース発表

LanScope Cat Ver.8.4のご紹介や最新の製品ロードマップ、ソリューションをご紹介します。
講師 宮崎 吉朗/北村 和久
エムオーテックス株式会社
代表取締役副社長/製品戦略部
17:25〜18:15

懇親会


このページの先頭へ


申込み

セミナーに参加を希望される方は、以下のフォームにご入力後、「確認画面へ」をクリックして下さい。お申し込み多数の場合、参加をご遠慮いただくことがございます。予めご了承下さい。


セミナー名:ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 会社名:エムオーテックス/Cylance Japan

* は必須項目です) 1.入力

(1)参加希望の日時にチェックを入れて下さい。 *


(2)参加の目的を教えて下さい。




(3)上記以外に問い合わせたいことがあれば、
  ご記入下さい。






掲載企業


エムオーテックス株式会社
住 所 : 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス5階
TEL : 03-5460-0775


Myリストへ 印刷用ページへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50066020


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ