IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/10/15

ソフトウェア品質向上セミナー


テクマトリックス


ソフトウェア品質向上セミナーのセミナー概要 ソフトウェア品質向上セミナーのプログラム ソフトウェア品質向上セミナーの申込み



開催日時

2016年11月9日(水) 13:30〜16:00|申込み締切 2016年11月8日(火)
会  場 テクマトリックス東京本社 セミナールーム
東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル
京浜急行本線 泉岳寺駅 徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |プログラマ|製造・生産管理


セミナー概要

近年の業務アプリケーション開発は、ソフトウェア開発規模の拡大、開発期間の短縮化、さらにはモバイルデバイスを含むクロスプラットフォーム対応などにより、さまざまな困難に直面しています。業務システム開発用のコンポーネントスイートの活用を検討されているお客様も多いのではないでしょうか。

なかでも、グレープシティが提供するComponentOne製品は、50000ライセンス以上(※2016年1月時点)の累計販売数を誇り、業務アプリケーションに要求されるデータグリッドやチャート、帳票、コンテナやナビゲーションといった多機能なコンポーネントをバランスよく収録しているオールインワンのソリューションです。

一方、素早い開発には素早いテストが欠かせません。
テクマトリックスが提供するRanorexは、ComponentOne製品を始め、多くのサードパーティ製コントロールをサポートする高性能な画面テスト自動化ツールです。Windowsアプリ、Webアプリ、モバイルアプリに対応したオールインワンのツールとして、2015年10月の国内リリース以来、既に100社を超えるお客様にお選びいただいています。

本セミナーでは、業務システムの効率的な開発を支援するComponentOne Studioと効率的なテストを支援するRanorexの二つのソリューションをご紹介すると共に、Component One を利用した業務アプリケーションを例に、Ranorexで効果的にテストする手法をご覧いただきます。

どうぞふるってご参加ください。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

“Visual Studio開発に、これ一つ”.NET用 UIコントロールセット ComponentOne Studio のご紹介

業務アプリにおける開発への要求は、工数や納期などのコスト面だけではなく、より高度なUIの実現、新しい周辺技術への対応など、複雑化する一方です。
こうした課題を踏まえ、.NET開発向けUIコントロールを検討する時の“ツボ”と、UIコントロールセット ComponentOne Studio の特長をご紹介します。
講師 和田 峰明 氏
グレープシティ
ツール事業部 営業部

業務アプリケーションの効果的なテスト自動化手法のご紹介

Component One を利用した業務アプリケーションを例に、UIテスト(機能テスト)自動化ツールの効果的な使い方を解説します。業務アプリケーションの場合、入力データの多さに加え、テストシナリオが多岐にわたることから、ツールによる自動化が難しいと考えている方も多いと思います。
本セッションでは、業務アプリケーションの機能テスト時に「よくある」ケースを取り上げ、解決策を示します。
講師 今井敦
テクマトリックス
ソフトウェアエンジニアリング技術部

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


テクマトリックス株式会社
住 所 : 東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル
TEL : 03-4405-7853
FAX : 03-6436-3553
e-mail : lattix-info@techmatrix.co.jp
URL : http://www.techmatrix.co.jp/product/ranorex/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50065434


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ