Liferayによるドキュメント管理と、Alfrescoとの比較

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/10/14

Liferayによるドキュメント管理と、Alfrescoとの比較


主催:ヴィセント 協力:オープンソース活用研究所


Liferayによるドキュメント管理と、Alfrescoとの比較のセミナー概要 Liferayによるドキュメント管理と、Alfrescoとの比較のプログラム Liferayによるドキュメント管理と、Alfrescoとの比較の申込み



開催日時

2016年10月26日(水) 14:00〜15:30|申込み締切 2016年10月26日(水)
会  場 株式会社ヴィセント セミナールーム
東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル9階

地図はこちら
参加費

無料
定 員

8名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用


セミナー概要

【本セミナーの特徴】
・ドキュメント管理のオープンソースとしては、Alfrescoが有名です。
・しかし、Liferay(オープンソースのポータル)にも、(機能面ではAlfrescoに劣りますが)ドキュメント管理の機能があります。
・ヴィセントでは、Liferayについてはコミュニティ版のサポートを提供しており、Liferayを活用することでよりリーズナブルにドキュメント管理の環境を構築することができます。

【本セミナーの対象者】
・オープンソースによるドキュメント管理システムの構築を検討しているが、Alfrescoよりもよりリーズナブルに構築したい。

【Liferayとは】
LiferayはWebシステムを構築するためのオープンソースのポータル製品です。
ポータルを実現するためのフレームワーク、およびそのフレームワーク用に開発されたポートレット(機能部品)、及びポートレットの開発環境から構成されています。

LiferayはJavaで実装されており、JBoss、Apache Tomcat、WebSphereなど多くのアプリケーションサーバやWebコンテナ上で動作します。

【Liferayの特徴】
ユーザ/組織管理、Webページ管理、アクセスコントロールなど一般的にWebサイトで使われる多くの機能が標準で搭載されているほか、ドキュメント管理やカレンダー、ブログ、掲示板など、すぐに使えるポートレットが60以上用意されています。
さらに以下のような特長があります。

・iPhone、iPad、Androidなどのスマートデバイスなどに対応した画面レイアウトを自動的に表示する、「レスポンシブデザイン」に対応。
・iPhone、iPad、Androidなどのスマートデバイスから簡単にドキュメントにアクセスするための、専用のアプリを提供。
・ルールエンジンにより、ユーザ属性や検索キーワード、アクセス履歴にもとづき、ユーザに最適なコンテンツを表示する「パーソナライズ機能」を提供。
・様々な言語での情報発信が可能な「多言語対応」。

【Liferayによるドキュメント管理とAlfrescoとの比較】
今回は、Liferayの「ドキュメント管理機能」にフォーカスしてご紹介します。
また、Alfrescoとどう違うのか、その比較についてご紹介します。

★少人数セミナー&開催日間近のため、今すぐお申し込み下さい★


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/10/26
13:30〜14:00

受け付け

14:00〜15:00

Liferayによるドキュメント管理とAlfrescoとの比較

15:00〜15:30

質疑応答、アンケート


このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社オープンソース活用研究所
住 所 : 東京都新宿区西新宿6-12-7 ストーク新宿507号室
e-mail : info@osslabo.com
URL : http://osslabo.com/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50065394


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ