「クラウドバックアップ活用」 セミナー

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/10/05

「クラウドバックアップ活用」 セミナー


ディメンションデータジャパン/CommVault Systems Japan


「クラウドバックアップ活用」 セミナーのセミナー概要 「クラウドバックアップ活用」 セミナーのプログラム 「クラウドバックアップ活用」 セミナーの申込み



開催日時

2016年10月14日(金) 15:30〜17:30|申込み締切 2016年10月13日(木)
会  場 ディメンションデータジャパンオフィスセミナールーム
東京都港区芝浦3-4-1グランパークタワー34階
■JR山手線・京浜東北線 田町駅(東口)/下車徒歩5分
■都営浅草線・三田線 三田駅(A4出口)/下車徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用


セミナー概要

バックアップの重複排除とは?ランサムウェアの対策は?


2022年までにビジネスユーザーの60%がクラウドへ移行(ガートナー社)。
また2020年までに企業向けクラウド利用総額が2兆円超(フォレスター社)と言われています。
また、最近の市場調査ではクラウド利用の最初のきっかけとしてデータバックアップが上位にランクされています。

従来のエンタープライズバックアップソリューションはライセンス買い切りで高価なものでしたが、
今やクラウド上では従量課金が浸透しており、エンタープライズクラスのバックアップソリューションも月額課金で安価に導入できます。
また、従来のサーバからのデータバックアップだけでなく、クライアントPCからのデータバックアップもクラウドを活用する事例が増えています。

データバックアップはディスク装置の物理的な故障だけでなく、ミスオペレーションやセキュリティ事故への対策として従来にも増して重要性が高まっています。
一方で重複を排除しないまま闇雲なバックアップ取得はリソースの浪費を招きます。
本セミナーでは最新のバックアップ製品やソリューションの説明、ランサムウェアなどのセキュリティインシデントに対するバックアップの活用方法などを紹介します。

データバックアップは引き続き企業にとって非常に重要なオペレーションであり、
バックアップをおろそかにしていると、ある日大きなダメージを被ります。
本セミナーにご参加いただければ、手軽にバックアップを導入する方法と、
最新のバックアップ活用事例をご覧いただけます。

「クラウドを活用したいがきっかけがつかめない」「最新のバックアップ技術動向を把握しておきたい」
そんなシステム管理者様、社内IT関係者様などの方々にオススメのセミナーです。



このページの先頭へ


プログラム

15:30〜16:00

失敗しないクラウドバックアップの設計・構築 解説

安価にクラウドバックアップを導入しても無計画なバックアップ取得はストレージ容量が増え、料金の高騰を招きます。クラウドで失敗しないバックアップ構築および運用について解説します。
16:00〜16:40

Commvault製品・活用事例紹介

業界で評価の高いCommvault製品を紹介し、ランサムウェア対策などバックアップがどのように役立つのかを利用方法を交えて紹介します。
16:50〜17:20

Commvault製品デモ

Commvault製品のデモンストレーションを分かり易く行います。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社ディメンションデータジャパン
住 所 : 東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー34階
TEL : 03-6746-2920
e-mail : cloud-info.jp@dimensiondata.com
URL : http://www.dimensiondata.com/ja-JP/Solutions/Cloud/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50065176


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ