ログを活用した 標的型攻撃対策の極意

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/09/28

ログを活用した 標的型攻撃対策の極意


マクニカネットワークス/インテル セキュリティ


ログを活用した 標的型攻撃対策の極意のセミナー概要 ログを活用した 標的型攻撃対策の極意の申込み



開催日時

2016年10月18日(火) 15:30〜18:00|申込み締切 2016年10月17日(月)
会  場 ベルサール神保町 2F RoomA+B
東京都千代田区西神田3-2-1
「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
「九段下駅」5番出口徒歩4分(半蔵門線・新宿線)
「神保町駅」A2出口徒歩5分(半蔵門線・新宿線・三田線)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用|システムの設計・運用


セミナー概要

〜組織・構築・運用すべてのヒントがここに〜


今や企業にとって標的型攻撃対策は欠かせません。既にサンドボックスやIPSなどのセキュリティ製品を導入し、対策を実施済みの企業も多いのではないでしょうか。

それでは何故、情報漏えい事故はなくならないのでしょうか。

攻撃者による手法は日々巧妙化し、攻撃を100%防ぐことが難しくなってきている今、インシデント発生時の迅速な体制作りが必要とされています。そこで、着目すべきは『ログ』の活用です。しかし、実際にはログ分析基盤の導入方法や組織体制への課題、運用に対する不安といった課題をお持ちの企業も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、このような課題に対する解決策をさまざまな角度から解説いたします。基調講演にはJPCERTコーディネーションセンター 早期警戒グループ 技術アドバイザーでもある、東京大学 特任准教授 満永 拓邦 氏を招聘し、サイバー攻撃から組織を守るための体制整備から、実際のログ分析基盤構築のポイント、そして現場と経営層が取り組むべき内容を、具体的な事例を交えながらご紹介いたします。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


マクニカネットワークス株式会社
TEL : 045-476-2010
FAX : 045-476-2060
e-mail : mfe-info@cs.macnica.net
URL : http://www.macnica.net/mcafee/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50065133


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ