IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/09/27

「情報子会社を『再起動』する」


主催:バリスティック・ビジネス・テクノロジーズ/協力:オープンソース活用研究所


「情報子会社を『再起動』する」のセミナー概要 「情報子会社を『再起動』する」のプログラム 「情報子会社を『再起動』する」の申込み



開催日時

2016年10月19日(水) 09:30〜10:30|申込み締切 2016年10月18日(火)
会  場 愛宕山弁護士ビル 会議室No.5
東京都港区愛宕1-6-7

地図はこちら
参加費

無料
定 員

8名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括


セミナー概要

システム運営の実力測定から改革を進める


【情報子会社の実力ポジションを知る】
「再起動」をスタートさせるためには客観的に「自社の情報システム運営のポジションを知る」という部分にフォーカスする必要があります。

もし、自社の情報システム運営のポジションを他社群と定量的に比較できるようになれば、その先のステップにフォーカスすることができるはずです。

【これを可能とするのがValiDataL(バリデタル)です。】
ValiDataLは情報システムの運営を記録したITILデータなどを利用し、定量的に他社群とベンチマーク比較して、情報子会社に任せているシステムの運営に関わるポジションを客観的に示すものです。

ValiDataLの結果に基づき、親会社と情報子会社の間で「運営レベルの合意」を行い、それの変化を定期的にモニタリングし、ゴールに到達する。

【本セミナーでは】
本セミナーでは情報子会社の置かれている状況を整理し、親会社と情報子会社の関係、その最近の動向を解説します。
更に情報子会社の抱える課題を挙げ、その上で、それを解決し「再起動」するための方法としての、ベンチマークの必要性を説いていきます。

★情報子会社の課題に取り組まれようとしている親会社の方、情報子会社側で変革を進めるお立場の方、あるいは双方の課題意識をお持ちの方はぜひともご参加いただければと思います★


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/10/19
09:15〜09:30

受付

2016/10/19
09:30〜10:15

講演

2016/10/19
10:15〜10:30

質疑応答

2016/10/19
10:30〜

終了


このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社オープンソース活用研究所
住 所 : 東京都新宿区西新宿6-12-7 ストーク新宿507号室
e-mail : info@osslabo.com
URL : http://osslabo.com/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50065117


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ