オープンセミナー&ビジネス交流会「21世紀の新技術」

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 神奈川県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/09/21

オープンセミナー&ビジネス交流会「21世紀の新技術」


主催:慶應義塾大学/川崎市/協力:川崎市産業振興財団/川崎信用金庫


オープンセミナー&ビジネス交流会「21世紀の新技術」のセミナー概要 オープンセミナー&ビジネス交流会「21世紀の新技術」の申込み



開催日時

2016年11月21日(月) 13:00〜16:15|申込み締切 2016年10月20日(木)
2016年11月21日(月) 16:30〜17:30|申込み締切 2016年10月20日(木)
会  場 慶應義塾大学K2タウンキャンパス厚生棟1F 大会議室
神奈川県川崎市幸区新川崎7-1
JR横須賀線「新川崎」より徒歩10分
JR南武線「鹿島田駅」より徒歩15分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |経営者CIO|製造・生産管理


セミナー概要

新川崎・創造のもり 慶應義塾大学 オープンセミナー


●セミナー 
第1部 13:00〜13:45 無料 定員100名
《テーマ》『フォトニクスポリマー技術が創るリアルカラー 4K/8K 映像・伝送システム』     
《講 師》小池康博 慶應義塾大学 理工学部 教授
 2020年の東京オリンピックに向け高精細4K/8K映像技術の開発を急ピッチで進めている。本年8月には、リオデジャネイロ五輪開幕に合わせ、NHKで8Kスーパーハイビジョンの試験放送も開始された。この8K映像技術は放送業界に留まらず、より高精細な映像が求められる医療分野などにも様々な効果が期待されている。しかし、医療分野など忠実な色表現が要求される用途では、従来方式で使われている液晶フィルムの複屈折などが原因となり、視野角に依存した色変化(カラーシフト)などの課題が残されている。また、リアルタイムに伝送するにはデータ量の増大に耐えうる100Gbpsを超える伝送手段を確立する必要があり、世界最速(※)プラスチック光ファイバーに代表されるフォトニクスポリマーに、大きな期待が寄せられている。今回のセミナーでは、フォトニクスポリマー技術により実現する真のリアルカラー8K映像・伝送システムについての現状とその展望について述べる。

第2部 13:45〜14:30 
《テーマ》『ソフトロボティクス』 −人間がより人間的に生きるために
《講 師》大西公平 慶應義塾大学 理工学部 教授
 21世紀は世界中で社会が超成熟化し、社会に大きな変化が表れる。特にこれまで基本としてきた高度工業化社会のテーゼ、即ち「最大多数の最大幸福」原理が否定され、大量生産と標準化が行き詰ると予想される。何故なら超成熟社会にあっては異なる価値観に基づく一人ひとりの幸福即ち「生活の質(QoL)の高度化」が希求されるからである。人は必ず老いる故にQoLを保つには人工的な人生の伴走者が必要になる。ソフトロボティクスはその中核技術であり、これを様々な方法で社会に組み入れることで真に豊かな未来が構築できると考えられる。今回のセミナーではこのソフトロボティクス技術を概説し、来るべき社会にどう組み込んでいくかを一緒に考える。

第3部 14:30〜16:15 対談&デモ体験

●ビジネス交流会 16:30〜17:30  有料 定員30名

(※)出典元:Y. Koike/Fundmentals o fplastic optical fibers (Wiley 2015)


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


慶應義塾大学 新川崎タウンキャンパス 新川崎先端研究教育連携スクエア 
住 所 : 川崎市幸区新川崎7-1
TEL : 044-580-1580
FAX : 044-580-1570
e-mail : k2-tc@adst.keio.ac.jp
URL : http://www.k2.keio.ac.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50065057


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ