JBMIA文書管理システムセミナー KANSAI 2016

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/09/21

JBMIA文書管理システムセミナー KANSAI 2016


ビジネス機械・情報システム産業協会/ドキュメントマネージメントシステム部会


JBMIA文書管理システムセミナー KANSAI 2016のセミナー概要 JBMIA文書管理システムセミナー KANSAI 2016のプログラム JBMIA文書管理システムセミナー KANSAI 2016の申込み



開催日時

2016年11月25日(金) 13:00〜16:30|申込み締切 2016年11月22日(火)
会  場 梅田スカイビル タワーウエスト36階 スペース36R
大阪府大阪市北区大淀中1丁目1番88号
・JR大阪駅(中央北口)      徒歩約7分
・阪急梅田駅(茶屋町口)     徒歩約9分
・御堂筋線「梅田駅」(5番出口) 徒歩約9分
・阪神梅田駅(西改札)      徒歩約13分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |情報システム部の統括|経営者CIO
参加者プレゼント
書籍「文書管理物語」(著者 JBMIA DMS部会)


セミナー概要

今こそスタート! 電帳法スキャナ保存制度


今、企業内文書の電子保存の機運が再び高まっています。背景には、電子帳簿保存法スキャナ保存制度が2年連続改正されたことがあげられます。特に今年は、スキャナ機器としてスマートフォンやデジタルカメラ等も容認されるなど、実現性のある法的要件は出揃った感があり、企業側の国税関係書類の運用上のハードルが下がることが期待されます。これにより、ソリューションを提供するベンダ側もそれまでの文書管理システムの法令対応を加速しています。当セミナーでは制度改正のポイントと最新のシステムのご紹介を行い、電子化の取り組みに役立つ情報をお届けします。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/11/25
13:00〜13:05

挨拶

講師 斎藤 敏
一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 DMS部会 副部会長
富士ゼロックス株式会社 ソリューション開発部 第三サービスプラットフォーム開発センター 計画グループ リーダー 
2016/11/25
13:05〜13:40

『文書管理の基本と電子化のメリット』

組織活動において日々発生する膨大な文書・情報は、適切に管理することによって、はじめて組織の資産となります。文書・情報が増加していく環境の中、あらためて文書管理の基本について考えてみます。
また、近年の文書・情報管理においては、その改善手段の一つとして紙文書の電子化を検討されているケースが増えてきています。そのメリットや留意点を整理してお伝えします。
講師 樽美 康一
一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 DMS部会 委員
コニカミノルタジャパン株式会社 MCSソリューション部 ドキュメントグループ
2016/11/25
13:40〜14:40

『スキャナ保存制度概要と平成28年度改正内容の紹介』

国税関係書類のスキャナ保存制度が2015年度、大幅に規制緩和されました。2016年度はスマホによる入力も認められ、更なる規制緩和が進みます。いよいよ制度活用をスタートする時期です。
本セミナーでは、制度の概要と改正内容のポイントをご紹介いたします。また、保管場所の削減だけではない紙文書電子化のメリットについても整理しお伝えします。
講師 西尾 光一
一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 DMS部会 委員
キヤノンマーケティングジャパン株式会社 ドキュメントソリューション企画課 課長
2016/11/25
14:55〜15:55

『運用上の注意点(思わぬ落とし穴の把握と解決のヒント)』

民間企業への規制緩和が進む中、e-文書法から取り残されていた領収書など国税関係書類に関し、2016年3月に電子帳簿保存法に関する財務省令が再改正され、スマホ等での領収書の電子化が容認されました。電子化の際に、タイムスタンプを付与するという単純なシステムでは国税庁の要件を満たせず、いかに低コストで実現するかが、成功の近道となります。本セミナーでは現実的な証憑の電子化運用における落とし穴とその解決のヒントを提供いたします。
講師 宮脇 崇裕
一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 DMS部会 副部会長
リコージャパン株式会社 テクノロジーセンタージャパン エバンジェリスト
2016/11/25
15:55〜16:30

『DMS部会 国税関係書類の電子化への取り組みとソリューションのご紹介/Q&A』

DMS部会では、2004年のスキャナ保存制度制定時より、各省庁や関係各署と意見を交わしながら、国税関係書類の電子化促進に取り組んできました。今回の、2015年、2016年の二度にわたる改正においても、スキャナ保存制度を活用できるよう、顧客視点に立って、積極的に普及促進しています。その活動報告と、各社が持つスキャナ保存制度に適したソリューションをご紹介します。また、時間の許す限り、質問にお答えします。
講師 森口 亜紀
一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 DMS部会 部会長
アマノビジネスソリューションズ株式会社 タイムビジネス事業推進部 部長

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会
住 所 : 東京都港区三田3-4-10 リーラヒジリザカ 7階
TEL : 03-6809-5010
FAX : 03-3451-1770
e-mail : nakamura.kuniaki@jbmia.or.jp
URL : http://www.jbmia.or.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50065033


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ