「事例」から紐解く!標的型攻撃対策セミナー

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 神奈川県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/08/26

「事例」から紐解く!標的型攻撃対策セミナー


主催:アルプス システム インテグレーション/共催:マクニカネットワークス


「事例」から紐解く!標的型攻撃対策セミナーのセミナー概要 「事例」から紐解く!標的型攻撃対策セミナーのプログラム 「事例」から紐解く!標的型攻撃対策セミナーの申込み



開催日時

2016年9月13日(火) 14:00〜16:00|申込み締切 2016年9月12日(月)
会  場 マクニカネットワークス株式会社本社 地下1階セミナールームA
神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5 マクニカ第2ビル

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO


セミナー概要

ノウハウがあるから知っている、ホントにあったコワイ話


技術の進歩や環境の変化とともに、サイバー空間を取り巻く脅威は日々変遷しています。 巧妙化する高度標的型攻撃から企業・団体の情報を守るためには、未然に防御するだけでなく、マルウェアに感染してしまった場合、いかに早期発見・対処し、被害の拡大防止につなげるかという対応体制の構築が重要です。

多くの組織が複数の製品でセキュリティ対策をしているにもかかわらず、なぜ標的型攻撃による被害はあとを絶たないのか?本セミナーでは、巧妙化する標的型攻撃の最新情報を事例を交えながらご紹介し、攻撃から自社を守る具体的な対策手法をご紹介します。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

14:00〜14:50

Session1 (マクニカネットワークス社):最近の標的型攻撃事例から学ぶセキュリティ対策〜なぜFireEyeが標的型攻撃対策のベストソリューションなのか〜

今や情報セキュリティを考える上で欠かせない『標的型サイバー攻撃対策』。日本国内においても、次々と標的型サイバー攻撃による被害が発生しています。

それと比例する様に、標的型サイバー攻撃対策をうたった製品は多数存在しますが、実際のところどのように対策を打ち、製品選定を考えなければいけないのか?

本セミナーでは、標的型サイバー攻撃対策の中心となるサンドボックス製品の性能比較やインシデント発生時の対応方法を徹底解説致します。
講師 大沢 拓也
マクニカネットワークス株式会社
営業統括部 FireEye営業部 
15:00〜15:40

Session2 (ALSI):「InterSafe WebFilter」 最新Verリリース!〜FireEye連携で実現する標的型攻撃対策〜

国内シェアNo.1(※)の「InterSafe WebFilter」の最新Ver8.5 SP2で「FireEye」との連携機能を実装します。
未知のマルウェアの検知からブロックまで即座に行うことで、被害の防止/縮小を実現致します。

※富士キメラ総研「2015年ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」より
講師 小谷 僚
アルプス システム インテグレーション株式会社
ビジネス企画部 企画営業課

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


アルプス システム インテグレーション株式会社
TEL : 03-5499-8045
e-mail : ssg@alsi.co.jp
URL : http://www.alsi.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50064765


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ