レガシーシステム資産可視化で今すぐ始めるITモダナイゼーション

IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/08/04

レガシーシステム資産可視化で今すぐ始めるITモダナイゼーション


システムズ


レガシーシステム資産可視化で今すぐ始めるITモダナイゼーションのセミナー概要 レガシーシステム資産可視化で今すぐ始めるITモダナイゼーションのプログラム レガシーシステム資産可視化で今すぐ始めるITモダナイゼーションの申込み



開催日時

2016年9月8日(木) 14:30〜17:00|申込み締切 2016年9月7日(水)
会  場 西五反田102ビル8階 システムズ 本社 セミナールーム
東京都品川区西五反田7-24-5
JR山手線 五反田駅西口より徒歩10分
東急池上線 大崎広小路駅より徒歩8分 

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|全社スタッフ
参加者プレゼント
システムズオリジナル「スモールクラシカルノート」


セミナー概要

塩漬けシステム可視化からホスト・VB資産の移行を変換デモで解説


マイグレーションプロバイダのシステムズでは、マイグレーションのリーディングプロバイダとして、レガシー化した既存システムをモダナイズ(近代化)するための、システム移行最新動向や適用事例などを、お客様の課題やニーズ、ITトレンドに合わせ、セミナーで取り上げています。

“ITモダナイゼーション”というキーワードが注目されています。塩漬けになった自社システムを近代化したいが、まずどこから手を付ければいいのか分からない、というお問い合わせも増えてきました。ITモダナイゼーションに取り組みたいけど、まだ方向性も決まっていないし、何から手を付けていいのか分からない……。そんなお悩みはありませんか。

今回のセミナーでは、このITモダナイゼーションの中でも重要な「準備的モダナイゼーション」にあたる「レガシー資産可視化(リドキュメント、リファクター)」に注目し、システム再構築の方針を立てるために可視化はなぜ必要なのか、進め方や再整備されるドキュメント等を分かりやすく紹介します。

そのほか、異なる開発言語間での「非互換」を解消し変換移行を行う「リライト」によるメインフレーム移行から、最新トレンドである基幹システムのクラウド基盤への移行などにも触れ「変換ツール」によるデモを交え詳しく解説。既にサポートが終了し、ブームも一段落かと思われた、VB開発アプリの.NET変換移行についても、VBマイグレ変換ツールのデモを交え詳しく紹介します。

     ▼    △     ▼    △     ▼
9月開催の本セミナーは、6月開催のテーマが好評につき、2回目として開催いたします。
20年に渡り、様々な汎用機やWindows系レガシーシステムのマイグレーション(システム移行)を提案し、実績を積み重ねてきたマイグレーションプロバイダだからこそ語れる「レガシーシステム移行の現場」からお伝えいたします。



このページの先頭へ


プログラム

2016/09/08
14:00〜14:30

開場 〜 受付

セミナー受付(名刺と受講票をご持参下さい。)
14:30〜14:40

オープニング(ご挨拶とセミナーのアジェンダ紹介)

セミナー開始にあたり、当社より参加御礼等 ご挨拶
講師 内藤 正
株式会社システムズ
取締役 マイグレーション事業本部長
14:40〜15:10

■塩漬けシステムの実態を見える化する「レガシー資産可視化」アプローチ〜準備的モダナイゼーション手法「リドキュメント」「リファクター」解説〜

準備的モダナイゼーションセッション。「モダナイゼーション9つの手法」のうち、既存システム資産のドキュメント再整備の「リドキュメント手法」及び、ソースコードの設計改善を行う「リファクター手法」を取り込んだ、システムズのレガシーシステム資産に対する可視化アプローチをご紹介します。
・なぜレガシー資産の可視化が重要なのか/準備的モダナイゼーションでの「リドキュメント」「リファクター」とは/システムズの提唱する「可視化」アプローチ
講師 中本周志
株式会社システムズ マイグレーション事業本部
担当部長
15:10〜16:00

■マイグレーション技術者が、変換デモと事例で解説!失敗しないメインフレーム リライト移行の勘所

ホスト系レガシーモダナイゼーション事例セッション。マイグレーション事例のこれまでとこれからより、既存システム見直しのコツを移行のプロが解説。モダナイゼーション手法「リライト」による、汎用機上の4GL(第4世代言語)からCOBOLへの変換移行事例から、最新の事例としてオンプレミスからクラウド基盤を活用した移行事例なども解説。
講師 大島理史
マイグレーション事業本部 開発グループ
プロジェクトマネージャー
16:10〜17:00

■サポート終了後の今こそ!マイグレーションでWindowsサーバ移行対策〜VBアプリ資産の .NET化移行のポイントを変換デモと事例で解説〜

Windowsレガシー/VBモダナイゼーション セッション。すでにサポートが終了したWindows Server 2003上で稼働していた、VBで開発されたアプリケーションの再構築問題が再燃しています。本セッションでは、マイグレーションプロバイダとしての経験に基づき、Windows OSが変わることでそのまま稼働できないアプリケーションをどのようにヴァージョンアップ、移行するか?Visual Basicの変換ツールによるマイグレーションデモも交えてご紹介いたします。
講師 板倉俊幸
開発事業本部 ソリューション開発グループ
プロジェクトマネージャー
17:00〜

セミナー閉会(質疑応答、マイグレーション技術者との個別ご相談承り)

当日のセッション内容に関するご質問、及び、当日セッション講演を行ったマイグレーション技術者が、既存システムの見直し、再構築に関するご相談を個々に承ります。
講師 マイグレーション担当SEメンバー
マイグレーション事業本部 開発グループ
プロマネ/SE

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社システムズ
住 所 : 東京都品川区西五反田7-24-5 西五反田102ビル8階
TEL : 03-3493-0032
FAX : 03-3493-2033
e-mail : migration@systems-inc.co.jp
URL : http://www.systems-inc.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50064447


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ