巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/07/13

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは


主催:アシスト


巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とはのセミナー概要 巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とはの申込み



開催日時

2016年10月4日(火) 15:00〜17:00|申込み締切 2016年10月3日(月)
会  場 アシスト 市ヶ谷本社
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル
都営地下鉄新宿線市ヶ谷駅A4番出口より徒歩1分、
東京メトロ有楽町線市ヶ谷駅より徒歩4分、
東京メトロ南北線市ヶ谷駅より徒歩6分、
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

24名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括


セミナー概要

侵入された時、情報漏洩を防げる備えはありますか?


標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに
侵入されることを前提とした多重のデータ保護(内部対策)や、
マルウェアが組織内に存在するか否か、存在する場合は組織内の
どこまで深く入り込んでいるかを可視化する「ログモニタリング」が重要です。

本セミナーでは標的型攻撃に対して、入口、出口、内部における具体的な
対策方法や、可視化のためのログ分析手法について、事例を交えご紹介いたします。


● プログラム ●
1. 標的型攻撃に有効な多重の対策ポイント
標的型攻撃の流れや最近の事例及び、標的型攻撃対策を検討する上で
重要となる多重対策のポイントをご紹介します。
・標的型攻撃の特徴、ターゲット
・多重防御の観点の必要性

2. ログモニタリング
標的型攻撃に対して、ログをモニタリングすることの必要性、
どういった観点でのモニタリングが有効となるかをご紹介します。
・ログモニタリングのポイント
・アシストのログ分析ソリューション
・マルウェア発見後の次の一手

3. 特権ID管理
巧妙化する標的型攻撃に対して、内部対策として有効な手法の1つで
ある特権ID管理をご紹介します。
・特権IDの「対策ポイント」
・アシストの課題解決ソリューション
・お客様の事例紹介

4. データ保護
標的型攻撃に対して、ファイルサーバのセキュリティ対策及び、
マルウェアに侵入されたとしても重要な情報を持ち出させない出口対策
をご紹介いたします。
・ファイルサーバの標的型攻撃対策
・マルウェア侵入時のネットワークの強制遮断
・仮想ブラウザを用いたネットワーク分離
・インターネットへの直接接続を防止するネットワーク制御


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社アシスト
住 所 : 東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル
TEL : 03-5276-5862
FAX : 03-5276-5878
e-mail : ssj_semi@ashisuto.co.jp
URL : http://www.ashisuto.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50064101


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ