公衆交換電話網のIP化に伴うEDIの動向と対策セミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EDI > EDIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/05/27

公衆交換電話網のIP化に伴うEDIの動向と対策セミナー


ユーザックシステム


公衆交換電話網のIP化に伴うEDIの動向と対策セミナーのセミナー概要 公衆交換電話網のIP化に伴うEDIの動向と対策セミナーの申込み



開催日時

2016年6月20日(月) 14:00〜17:00|申込み締切 2016年6月19日(日)
会  場 JPビル8F会議室
大阪府大阪市中央区瓦町1-6-10
地下鉄「堺筋本町」駅より徒歩約3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用


セミナー概要

NTTは、先ごろ、公衆交換電話網をIP網に順次移行すると発表しました。

公衆回線網のIP化に伴い「電話回線を用いたEDI」は、インターネットを介したEDIへと大きく変わると予想されます。

つまり、インターネットを通信基盤としたEDIとして、流通BMS、WebEDIやメールの利用がますます拡大すると思われます。

今回のセミナーでは、EDIの今後の動向及び、インターネット通信網を使った流通BMS(XML)、WebEDIやメールEDIへの対応についてご紹介いたします。

【第1部】公衆交換電話網のIP化によるEDIへの影響と対策

いよいよNTTの公衆交換網がIP化されることが決まりました。これにより、従来の電話回線を用いたEDIへの多大な影響が予想されます。本セミナーでは、IP化の経緯と概要、また今後の動向と対応策についてご説明いたします。

講師:株式会社データ・アプリケーション 藤野 裕司 氏


【第2部】流通BMSへの効果的な対応方法についてのご紹介

ますます広まりを見せている流通BMS。システム対応が必須になりつつある現状です。この現状を負担ととらえず、導入とともに自社の業務改善につなげていくことが、他社との差別化にもつながります。改めて流通BMSの概要と成功事例を併せご紹介します。


【第3部】Webやメールを活用したEDI受注業務効率化の事例

Webやメールといった新しい通信手段での注文が増えています。これらのインフラを使って受注業務の効率化を実現したユーザー様の事例をご紹介します。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


ユーザックシステム株式会社
住 所 : 大阪市中央区瓦町1-6-10 JPビル3F
TEL : 06-6228-1383
FAX : 06-6228-1380
e-mail : teru@usknet.co.jp


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50063455


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EDI > EDIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ