IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/05/25

電子帳簿保存法とICTの最新トレンド!


主催:NTTデータビジネスシステムズ 共催:NTTデータビジネスブレインズ


電子帳簿保存法とICTの最新トレンド!のセミナー概要 電子帳簿保存法とICTの最新トレンド!のプログラム 電子帳簿保存法とICTの最新トレンド!の申込み



開催日時

2016年6月24日(金) 14:00〜16:45|申込み締切 2016年6月24日(金)
会  場 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター202
東京都中央区八重洲1-2-16
JR東京駅 日本橋口(A1) 徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括


セミナー概要

電子帳簿保存法とICTの最新トレンド!


2015年度の税制改正により領収書や請求書のスキャナ保存が規制緩和されたことで、各企業においてペーパーレス化を検討する企業が増えてきておりますが、一度にペーパーレス化を実現するにはハードルもあり、税務署へ申請する申請書類は徐々に増やしていくケースが一般的となりつつあります。

今回のセミナーでは、日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)において文書情報マネジメントの普及・啓発をしている益田先生をお招きし、最新のスキャナ保存に関する状況をご説明いただき、後半は電子帳簿保存法対応、ペーパーレス化に向けた取り組みを実践することによる効果について、ソリューション紹介とともにご説明をいたします。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/06/24
14:05〜14:55

電子帳簿保存法の最新動向およびスキャナ保存の要件緩和ポイント

今春の電子帳簿保存法施行規則改正により、いわゆるデジカメやスマホによる保存が2017年より可能になります。これにともなって、要件緩和の内容などについて、更に注目を集めています。本セッションでは、電子帳簿保存法及び施行規則が示す保存要件の内容とその留意すべきポイントを、特にスキャナ保存制度を中心に、現在公開されている法令告示などとともに解説します。
講師 益田 康夫
アンテナハウス株式会社
上級文書情報管理士 行政書士
15:10〜15:50

領収書・請求書等の書類の電子化、総勘定元帳・仕訳帳等の帳簿の電子化への対応方法はこれだ

昨年来からの電子帳簿保存法施行規則の改正を基に、取引先などから受け入れる領収証や請求書に代表される各種書類の電子化保存がクローズアップされてきました。本セッションでは、同法が示すところの帳簿及び書類においての保存要件の解説とともに保存対象となるデータについて、Pandora-AXを用いたデータ保存の実現方法を事例とあわせてご紹介します。
講師 株式会社NTTデータビジネスブレインズ ビジネスソリューション事業部
15:50〜16:30

ペーパーレス化を阻害する要因と実践する際の具体的運用ポイント

領収書や請求書の電子化から保存・管理・運用まで、電子帳簿保存法対応・ペーパーレス化の実現に向け主管部門担当者が悩む課題と解決策についてご紹介します。併せてワークフロー稟議経費ソリューションであるBiz∫フロントを用いて経費処理の一連の流れについてご説明します。
講師 株式会社NTTデータビジネスシステムズ Biz∫ソリューション事業部

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社NTTデータビジネスシステムズ
住 所 : 東京都品川区西五反田3-7-10 アーバンネット五反田NNビル
TEL : 0120-458-459
FAX : 03-5434-2905
e-mail : biz_sales@nttdata-bizsys.co.jp
URL : http://www.nttdata-bizsys.co.jp


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50063421


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ