重要技術文書や図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とは

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/05/18

重要技術文書や図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とは


オーシャンブリッジ


重要技術文書や図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とはのセミナー概要 重要技術文書や図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とはの申込み



開催日時

2016年5月31日(火) 15:00〜17:00|申込み締切 2016年5月30日(月)
会  場 オーシャンブリッジ セミナールーム
東京都渋谷区道玄坂1-20-8 寿パークビル7F
JR・渋谷駅下車徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括


セミナー概要

独自のノウハウや重要な技術情報が含まれるファイルを、国内拠点のみならず取引先や海外拠点にもスムーズに共有することが求められていますが、情報漏洩や二次利用を心配されている企業様は多いのではないでしょうか。

ある調査結果によると、8割以上が「情報漏洩への危機意識を持っている」を挙げています。しかし、その対策としてファイルのパスワード設定や暗号化を利用されている企業様は注意が必要です。

また、情報漏洩対策への課題として約4割が「エンドユーザの利便性が犠牲になる」を挙げています。

そのため、情報漏洩と利便性を両立できる対策を実施していく必要があります。

本セミナーでは、文書・図面管理システム、ECM、独自開発システムなど既存の情報共有管理ツール内にある重要ファイルをスムーズに共有する利便性を保ちながら、ファイルの外部流出を防ぐ方法を事例を交えてご紹介いたします。また、共有におけるファイルのパスワード設定や暗号化の課題点を明らかにします。

<こんな方におすすめです!>
・文書・図面管理システム、ECM等のファイル流出対策をしたい
・ファイルのセキュリティを強化したいがユーザの使い勝手を落としたくない
・海外拠点と安全にファイルを共有したい
・取引先による二次、三次利用を防ぎたい
・文書・図面の情報漏洩対策・セキュリティを検討している

文書・図面管理システム、ECM等の管理・運用のご担当者の方や、それらのシステムの販売、導入、運用を担っているパートナーやSIベンダの方にも参考になるセミナーです。

定員15名です。満席となり次第、受付を終了いたします。
参加をご希望の方は、お早めにお申込み下さい。

※弊社製品に競合する製品関係者の方は、参加をお断りする場合があります。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社オーシャンブリッジ
TEL : 03-6809-0967
FAX : 03-6809-0976
e-mail : mktg@oceanbridge.jp
URL : http://www.oceanbridge.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50063295


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ