大阪:3つの『高速』手法で開発現場に革新!

IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/05/11

大阪:3つの『高速』手法で開発現場に革新!


【主催】キヤノンITソリューションズ/【共催】日本アイ・ビー・エム


大阪:3つの『高速』手法で開発現場に革新!のセミナー概要 大阪:3つの『高速』手法で開発現場に革新!のプログラム 大阪:3つの『高速』手法で開発現場に革新!の申込み



開催日時

2016年6月16日(木) 14:00〜17:00|申込み締切 2016年6月15日(水)
会  場 キヤノンマーケティングジャパン株式会社 大阪支店18F
大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル
●JR大阪駅 桜橋口より徒歩10分
●地下鉄四ツ橋線 西梅田より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

60名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO


セミナー概要

高速開発/高速マイグレーション/高速ストレージ活用をご紹介


こんなお悩みを抱えていませんか?

  ☆ Webアプリの開発者が不足している
  ☆ 短納期で高品質なアプリケーションを開発したい
  ☆ 現行システムを効率よくマイグレーションしたい

上記お悩みをお持ちのお客様に、超高速開発ツール「Web Performer」がお役に立ちます!

本セミナーでは、開発ツール「Web Performer」活用による「システム開発が抱える課題の解決策」を、事例を交えてご紹介いたします。あわせて、上流から下流まで、現行システムのマイグレーションをワンストップで効率よく実施する、「マイグレーションソリューション」をご紹介します。
更に、日本アイ・ビー・エム社からは、システム運用の悩みである、レスポンスを改善するための「高速ストレージ」をご紹介します。

開発現場に革新をもたらす、開発ツール、手法、基盤を一挙にご紹介いたします。この機会に是非ご参加下さい。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

14:00〜14:10

ご挨拶

14:10〜15:20

超高速開発を実現! Webアプリケーション開発ツール「Web Performer」ご紹介

Java100%自動生成ツール「Web Performer」の製品概要を、デモンストレーションを交えてご紹介します。あわせて、千葉ガス様で実現された、大規模システムのリニューアル事例や、三井住友海上火災保険様で実現された、Excel業務のWeb化事例など、活用事例もご紹介します。
講師 キヤノンITソリューションズ株式会社
15:20〜15:30

*休憩*

15:30〜16:20

レガシーマイグレーションで脱ホスト! マイグレーションソリューションご紹介

アサヒグループ様で採用いただいた当社のACOS-4向けマイグレーション、マイクロフォーカス社のEnterprise Server/Developerを用いた、IBMメインフレーム向けマイグレーションなど、当社のマイグレーションソリューションについて、ご紹介します。
講師 キヤノンITソリューションズ株式会社
16:20〜17:00

ストレージ技術動向 と FlashSystem ご紹介

アプリケーションのパフォーマンスに対する要求が高まる中で、データベースを中心とした業務システムへのフラッシュ・ストレージの導入が進んでいます。 これからのITシステムにおける最適なストレージ管理について、ストレージ市場や技術の動向をまじえながら解説します。
講師 日本アイ・ビー・エム株式会社

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


キヤノンITソリューションズ株式会社
住 所 : 大阪府大阪市西区土佐堀2-2-4
TEL : 06-7635-3047
FAX : 06-7635-3048
e-mail : sol_west@canon-its.co.jp
URL : http://www.canon-its.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50063149


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ