プロジェクトマネジメントDAY〜踏み込むPM/PLになるために〜

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > プロジェクト管理 > プロジェクト管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/04/27

プロジェクトマネジメントDAY〜踏み込むPM/PLになるために〜


主催 :システムインテグレータ


プロジェクトマネジメントDAY〜踏み込むPM/PLになるために〜のセミナー概要 プロジェクトマネジメントDAY〜踏み込むPM/PLになるために〜のプログラム プロジェクトマネジメントDAY〜踏み込むPM/PLになるために〜の申込み



開催日時

2016年6月6日(月) 09:45〜17:00|申込み締切 2016年6月6日(月)
会  場 大手町サンケイプラザ(東京)4Fホール
東京都千代田区大手町1-7-2
丸の内線、半蔵門線、千代田線、東西線、都営三田線「大手町駅」直結 徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

600名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用


セミナー概要

踏み込むPM/PLになるために


大規模、老朽化再構築、グローバルのシステム開発プロジェクトを成功に導くポイントとは?

企業IT投資の変化、短納期化、品質への要求、リソース不足、テクノロジーの進化など、プロジェクトの成否を左右する要素は年々複雑化しています。複雑化するプロジェクトを成功に導くために、プロジェクトマネージャーに求められる能力は、重要な節目節目で要求や人に‘踏み込む’ことができるかどうか。 本イベントでは、PM/PLの‘踏み込む’をテーマにプロジェクト成功の鍵をご紹介させていただきます。

※受付開始:9:45  ソリューション展示会:9:45〜17:00  セミナー:10:30〜16:50


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/06/06
10:30〜10:40

ご挨拶

プロジェクトマネジメントDAYキックオフ!
講師 鈴木 敏秀
株式会社システムインテグレータ
取締役
2016/06/06
10:40〜12:00

SESSION1 基調講演

「連携を構築する力」
〜踏み込んで味方に巻き込む〜
講師 神庭 弘年
PMI北東アジア支部
メンター
2016/06/06
12:00〜13:10

昼食休憩 ※喫茶コーナーをご利用下さい。

2016/06/06
13:10〜14:15

SESSINO2 講演1

「踏み込む覚悟が出来ていますか?」
〜どのようにして人々をリードして生き延びるか?〜
講師 中谷 英雄
株式会社ピーエム・アライメント
取締役
2016/06/06
14:15〜15:20

SESSINO2 講演2

「踏み込むプロジェクト管理の5つのポイント」
〜見える仕組み、見させる運用、そして踏み込む管理の実践法〜
講師 梅田 弘之
株式会社システムインテグレータ
代表取締役社長
2016/06/06
15:20〜15:40

休憩 ※喫茶コーナーをご利用下さい。

2016/06/06
15:40〜16:50

SESSINO3 パネルディスカッション

「踏み込むPM/PLは、リスクに見合うだけの価値があるのか?」
パネラー:神庭 弘年、中谷 英雄、梅田 弘之
モデラー:鈴木 敏秀
2016/06/06
09:45〜17:00

ソリューション展示会

【ソリューション展示企業】
株式会社システムインテグレータ
株式会社アイ・ティ・イノベーション
株式会社アプレッソ
株式会社システムサポート

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社システムインテグレータ
住 所 : 東京都渋谷区恵比寿南2-1-10インテックス恵比寿4階
TEL : 03-5768-7695
FAX : 03-5768-7884
e-mail : obpm@sint.co.jp
URL : http://www.sint.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50063073


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > プロジェクト管理 > プロジェクト管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ