IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/04/26

SDS(Software Defined Storage)勉強会


主催:EMCジャパン 協力:オープンソース活用研究所


SDS(Software Defined Storage)勉強会のセミナー概要 SDS(Software Defined Storage)勉強会のプログラム SDS(Software Defined Storage)勉強会の申込み



開催日時

2016年5月27日(金) 14:30〜17:00|申込み締切 2016年5月26日(木)
会  場 TKP新宿ビジネスセンター B1A(小)会議室
東京都新宿区西新宿2-3-1

地図はこちら
参加費

無料
定 員

10名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括


セミナー概要

〜CephとScaleIOの比較と、ScaleIOの簡単インストール・デモ〜


★4月15日に開催しましたSDS勉強会、大変好評だったため、第2回の開催を決定しました!★

【本勉強会の対象】
・SDSをご検討のエンジニア、SDSに興味があるエンジニア。
・CephやOpenStackをご検討中、もしくはご利用中のエンジニア。
・無償のSDSであるEMC ScaleIOに興味がある方、評価検証をしてみたい方。

【拡大するSDS(Software Defined Storage)】
ストレージ市場において拡大を続けるSDS(Software Defined Storage)。特にOpenstackのストレージとしてSDSが注目されており、オープンソースのCephはその代表的なソフトウェアとなっています。

【EMC ScaleIOとは?】
ScaleIOとは、コモディティハードウェアでスケールアウト対応のSDSを実現するソフトウェアです。
EMCでは、2015年6月より、ScaleIOの無償提供を行っています。

【CephとScaleIOとの比較】
ScaleIOはCephと比較して、拡張性や性能に優れているという評価があります。米国でのベンチマークでは、ScaleIOはCephと比較して、レスポンスで24倍、IOPSで7倍の優れているという報告もあります。
また、インストールについてもScaleIOは簡単に行うことができます。
本勉強会では、ScaleIOについて、Cephと比較しながら解説していきます。

【簡単にインストールできることを体験】
本勉強会では、CephとScaleIOとの比較について解説するとともに、ScaleIOが簡単に導入できるということをデモンストレーションを通じてご紹介いたします。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/05/27
14:00〜14:30

受付

14:30〜15:30

ScaleIOの紹介とCephとの比較

ScaleIOは、
・簡単にインストールできすぐに使える
・拡張性や性能面で優れている
と言われていますが、その実際について解説します。
また、OpenStack環境での活用方法や、OpenStack環境で人気のオープンソースのSDS「Ceph」とどう違うのかについて解説します。
あわせて、ScaleIOに関するコミュニティへの紹介をいたします。
講師 中村 雅史
EMCジャパン システムズエンジニアリング本部
シニアシステムズエンジニア
15:30〜16:15

ScaleIOデモンストレーション

本セッションではScaleIOのインストールとOpenStackとの連携をデモンストレーションいたします。
ScaleIOが簡単にインストールでき、すぐに使えるというところを、実感していただきます。
講師 中村 雅史
EMCジャパン システムズエンジニアリング本部
シニアシステムズエンジニア
16:15〜17:00

質疑応答、アンケート


このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社オープンソース活用研究所
住 所 : 東京都新宿区西新宿6-12-7 ストーク新宿507号室
e-mail : info@osslabo.com
URL : http://osslabo.com/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50063052


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ