育児中だって働ける!在宅勤務実現の重要性について

IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/03/31

育児中だって働ける!在宅勤務実現の重要性について


ソフトブレーン・インテグレーション


育児中だって働ける!在宅勤務実現の重要性についてのセミナー概要 育児中だって働ける!在宅勤務実現の重要性についての申込み



開催日時

2016年4月14日(木)|申込み締切 2016年4月11日(月)
会  場 ソフトブレーン・インテグレーション株式会社 セミナールーム
東京都中央区八重洲2-3-1 住友信託銀行八重洲ビル 9階
【アクセス】
JR 東京駅 徒歩3分
東京メトロ銀座線 京橋駅 徒歩3分
東京メトロ銀座線 / 東西線 日本橋駅 徒歩10分
都営浅草線 日本橋駅 徒歩12分
都営浅草線 宝町駅 徒歩8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括


セミナー概要

こんな思いをお持ちの方にオススメのセミナーです!!

◆妊娠・育児・介護・入院等の理由で会社には出社できないが、在宅で仕事をしたいと思っている、
 またはそのような社員がいる
◆出張先や移動中など、時間や場所に縛られずに仕事ができる環境が必要だと感じている
◆新型インフルエンザや災害時等のパンデミック対策に有効なツールが知りたい
◆時間を有効的に活用しながら営業力を向上させたい
◆経済環境の急激な変化に対応できる柔軟さをもった営業体制を確立したい
◆人員が減ってしまい、業務過多の現状を打開したい
◆ワークライフバランスの実現に関心を持っている

====================================================
★在宅勤務の重要性、体制を整えるために必要なこととは★

仕事を持っている女性が妊娠した時の心配事として代表的なものの1つに
「産後も仕事を続けられるだろうか?」という事が挙げられます。

「保育園には入れるだろうか?」
「職場の理解は得られるだろうか?」
「子どもが病気をしても仕事に影響しないだろうか?」
「時短勤務に対応できるだろうか?」

こんな悩みを抱え、解決策が見つからず、仕事を諦めざるを得なかった女性は
これまでもこれからも大勢いらっしゃることと思います。

今回のセミナーの講演者もその中の1人でした。
入社当初は0歳児の世話をしながらの在宅勤務から始め、現在では2児の母、
当社に勤務して5年になります。
これは、当社が兼ねてよりテレワークシステムの導入を推進する立場にあり、
社内でもテレワークの環境を整備していた事により実現できた事でした。

まず前半部では、実際に在宅勤務を活用し仕事と育児の両立をしてきた当社の
社員本人が、在宅勤務のメリット・デメリットや、いま多くの企業で在宅勤務を
実現させることの重要性についてお話しいたします。

後半部では、育児に限らず様々な状況におけるワークライフバランスを実現する
ために、企業として具体的にどのような環境を用意するべきなのか、どのような
ことを心得ておくべきなのかという事についてお話しいたします。

------------------------------------------------------------------
◆日時:平成28年4月14日(木) 15:00〜16:45(受付開始14:45〜)
◆会場:ソフトブレーン・インテグレーション株式会社 セミナールーム
     東京都中央区八重洲2-3-1 住友信託銀行八重洲ビル 9階


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


ソフトブレーン・インテグレーション株式会社
住 所 : 東京都中央区八重洲2-3-1 住友信託銀行八重洲ビル 9階
TEL : 03-6880-2630
FAX : 03-6880-2601
e-mail : seminar@sbi.co.jp
URL : http://www.sbi.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50062786


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ