VDI活用で実現するワークスタイル変革セミナー in 名古屋

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/03/10

VDI活用で実現するワークスタイル変革セミナー in 名古屋


日立システムズ/日立製作所/日立ソリューションズ


VDI活用で実現するワークスタイル変革セミナー in 名古屋のセミナー概要 VDI活用で実現するワークスタイル変革セミナー in 名古屋のプログラム VDI活用で実現するワークスタイル変革セミナー in 名古屋の申込み



開催日時

2016年3月17日(木) 14:30〜17:00|申込み締切 2016年3月16日(水)
会  場 日立システムズ ソリューションスクエア名古屋
愛知県名古屋市中区栄1丁目24-15
地下鉄東山線伏見駅6番出口徒歩9分
地下鉄鶴舞線大須観音駅4番出口徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ


セミナー概要

〜フレキシブルワークスタイル実現に向けて!〜


業務環境運用管理の効率化、更に時間と場所にとらわれない働き方による「ワークスタイル変革」の実現基盤として、VDIの普及は着実に進んでいます。お客さま価値の最大化に向け、10年にわたる自らの運用経験を踏まえながら、日立はVDIを核にしたクライアントコンピューティングを提案してきました。

本セミナーでは、昨年7月「日立パートナーフォーラム2015」でご好評いただきました、日立の「ワークスタイル変革」の取り組みと、これからの時代に必要な業務環境デザインの考え方について紹介します。また、フレキシブルワークの実現に必要なコミュニケーションツールや、セキュリティ対策についてもご紹介します。

 ご多忙とは存じますが、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/03/17
14:30〜15:20

ワークスタイル、BCP、セキュリティ、そして−VDI活用のその先〜ワークスタイル変革〜業務環境のデザインを進める日立の取り組み〜

VDIを活用した日立の「ワークスタイル変革」の取り組みと、これからの時代に必要な業務環境デザインの考え方について、事例を交えご紹介します。
講師 株式会社日立製作所
15:30〜16:00

フレキシブルワーク実現の鍵は「わかりやすさ」。〜社内利用者に優しいITツール活用のススメ〜

フレキシブルワークを目指して社内改革を進める上で心配なのは、本当にうまくいくのか?ということ。計画する会社側と利用者となる従業員側との間にミスマッチが起きれば、計画通りの成果をあげることはできません。
ポイントは従業員にストレスを掛けずに受け入れられるか=優しいことが大切です。
本講演では、ワークスタイル改革をサポートするコミュニケーションツールなど「優しいITツール」をご紹介します。
講師 株式会社システムズ
16:00〜16:45

フレキシブルワークソリューションに必要なこれからのセキュリティ対策

ワークスタイル変革を合言葉にスマートデバイスやクラウドなどのビジネス利用が進んでいますがそれら次世代IT基盤の利用には、新しいリスクが存在します。
 本セッションでは、暗号化や認証強化などの基本的なセキュリティ対策はもちろん、社内外におけるネットワーク制御などの、企業が実施すべき具体的なセキュリティ対策についてご紹介します。
講師 株式会社日立ソリューションズ
16:45〜17:00

質疑・応答


このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社日立システムズ
住 所 : 名古屋市中区栄1丁目24-15(JPR名古屋伏見ビル9F)
TEL : 052-232-0984
FAX : 052-223-5170
e-mail : seminar-chubu.qu@hitachi-systems.com
URL : http://www.hitachi-systems.com/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50062565


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ