第23回 製造業様向けグローバル競争力強化セミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/01/23

第23回 製造業様向けグローバル競争力強化セミナー


主催:キヤノンITソリューションズ 共済:日本能率協会コンサルティング/東洋ビジネスエンジニアリング/アスプローバ


第23回 製造業様向けグローバル競争力強化セミナーのセミナー概要 第23回 製造業様向けグローバル競争力強化セミナーのプログラム 第23回 製造業様向けグローバル競争力強化セミナーの申込み



開催日時

2016年2月23日(火)|申込み締切 2016年2月19日(金)
会  場 キヤノンマーケティングジャパン株式会社 大阪支店 18F
大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル
JR大阪駅より徒歩4分/阪神電鉄 梅田駅より徒歩5分/地下鉄四つ橋線 西梅田駅より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |情報システム部の統括|経営者CIO


セミナー概要

多拠点生産における利益を産む仕組みと実現アプローチ


本セミナーでは、『多拠点生産における利益創出』をテーマに、生産効率化及び管理手法にフォーカスし、それを解決するための実現アプローチ方法について、いくつかの事例を交え、ご紹介します。
基調講演としては、国内・海外拠点の相違点、課題を明確にし、利益創出のためのあるべき仕組みとその実現アプローチについて、株式会社日本能率協会コンサルティング様にご講演いただきます。
貴社の業績改善のヒントとして、ご活用いただければ幸いです。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/02/23
14:00〜14:10

ご挨拶

14:10〜15:10

多拠点生産における利益創出の仕組みとアプローチ事例

アジア市場の停滞懸念、労賃の上昇、円安の定着傾向、TPPによる競争激化等、大きく経営環境が変動する中、国内外の複数生産拠点の位置づけを明確にし、各拠点の体質強化と利益創出を同時実現することが求められています。そこで、本セッションでは、国内・海外拠点の相違点、課題を明確にし、利益創出のためのあるべき仕組み・管理手法とその実現アプローチについて、事例を交えて、ご紹介いたします。
講師 角田 賢司 氏
株式会社日本能率協会コンサルティング プロセス・デザイン革新センター
センター長
15:10〜16:00

グローバルERP『MCFrame』による多拠点生産の効率化実現と構築事例

厳しい経営環境の中、生産を効率的に行い、コスト適正化を図ることは、グローバル競争に打ち勝つための大きな命題と言えます。 そのためには、国内外の生産拠点を適正に活用し、製造L/T、トータルコストの向上施策が不可欠となります。本セッションでは、マルチサイト対応ERPである『MCFrame』の高度な経営管理機能、生産管理機能とそれを活用した成功のアプローチ方法、改善事例について、ご紹介いたします。
講師 南 正巳 氏
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 プロダクトコンサルティング部
16:10〜17:00

『Asprova』による計画主導型生産の実現と利益創出事例

アジア経済の減速、円安にて国内回帰が進む中、国内外の生産拠点をいかに効率的に活用しているかは、極めて重要な課題であります。 そのためには、拠点毎に精緻な計画を立案し、実行(製造)すること、つまり、計画主導で、PDCAサイクルの確立が必要となります。本セッションでは、『Asprova』をベースに、計画主導型生産を実現し、各製造拠点の生産を効率化し、利益創出の成功した事例についてご紹介いたします。
講師 花井 友幸 氏
アスプローバ株式会社 大阪支店

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


キヤノンITソリューションズ株式会社
住 所 : 大阪市西区土佐堀2-2-4 土佐堀ダイビル
TEL : 06-7635-3025
FAX : 06-7635-3048
e-mail : isobe.takao@canon-its.co.jp
URL : http://www.canon-its.co.jp/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50062029


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ