【札幌】デスクネッツ ネオ 体験セミナー

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 北海道・東北 > 北海道 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/01/22

【札幌】デスクネッツ ネオ 体験セミナー


主催:ネオジャパン/共催:リコージャパン


【札幌】デスクネッツ ネオ 体験セミナーのセミナー概要 【札幌】デスクネッツ ネオ 体験セミナーのプログラム 【札幌】デスクネッツ ネオ 体験セミナーの申込み



開催日時

2016年2月24日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2016年2月22日(月)
会  場 リコージャパン株式会社  北海道営業本部 札幌北ビル 14階
北海道札幌市北区北7条西2丁目8-1札幌北ビル
[JR線] 「札幌」駅 東コンコース北口より  徒歩 約1分
[市営地下鉄] 南北線「さっぽろ」駅 2出口より JR札幌駅東コンコース経由  徒歩 約7分
東豊線「さっぽろ」駅 16出口より  徒歩 約2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|営業・販売


セミナー概要

「現場」での使いやすさにとことんこだわりました!


1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO」をご紹介するセミナーです。

desknet's NEOは、徹底した「現場主義」を貫くグループウェアです。
本セミナーでは、desknet's NEOで提供する最新機能からグループウェアの基本機能まで、実際のパソコン環境でご体験いただけます。

使い勝手はもちろん、「クラウドとオンプレミス、どちらがいい?」「他社製品との違いは?」といった導入にあたり気になる様々なお悩みについても解決いたします。

導入をご検討中のお客様も、既にグループウェアを導入済みのお客様も、是非お気軽にご参加下さい。



このページの先頭へ


プログラム

14:00〜14:15

最新グループウェアdesknet's NEOのご紹介

累計323万ユーザ以上のご利用実績を持つグループウェア desknet's NEO。
多くのユーザに支持される使いやすさの"こだわり"や"秘訣"をご紹介します。
14:15〜16:30

desknet's NEOの「使いやすさ」を実体験(途中休憩あり)

本セクションでは、「やさしい操作性」と「充実の機能」を十二分にご体験いただけます。

  <プログラム一例>
   ◆スケジュール、会議室予約、メールなど、 基本機能の使い勝手を体験!
   ◆本格ワークフローで社内の申請業務を効率化!
   ◆社内コミュニケーションのお役立ち機能も満載!

更に、交通費や経費の承認がグッと楽になる"最新機能"もいち早くご紹介。

これまで幾度にも渡るバージョンアップを通じ、お客様のお声に寄り添って製品改良を図ってまいりました。
国内メーカーならではのきめ細かい工夫が満載のdesknet's NEOを是非、ご体験下さい。
16:30〜16:45

導入形態、価格のご紹介

クラウドでも、大規模でも、小規模でも。
desknet's NEOなら、ご利用形態を問わず最善のパフォーマンスを発揮します。
ご導入に際して、提供形態や価格についてのお悩みを解決しながら、desknet's NEOのコストメリットをご紹介します。
16:45〜16:55

リコージャパン様よりご紹介

16:55〜

自由操作・個別相談

セミナー中のご質問や社内で解決されたい課題に対しスタッフが個別にご相談に応じます。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社ネオジャパン
住 所 : 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2-1 横浜ランドマークタワー10階
TEL : 045-640-5920
FAX : 045-640-5918
e-mail : seminar@desknets.com
URL : http://www.desknets.com/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50062022


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ