領収証・請求書等のスキャナ保存の最新動向と会計業務を徹底解説

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/01/20

領収証・請求書等のスキャナ保存の最新動向と会計業務を徹底解説


エヌ・ティ・ティ・データ・ビジネスブレインズ/スーパーストリーム/インターコム/メディアドライブ


領収証・請求書等のスキャナ保存の最新動向と会計業務を徹底解説のセミナー概要 領収証・請求書等のスキャナ保存の最新動向と会計業務を徹底解説のプログラム 領収証・請求書等のスキャナ保存の最新動向と会計業務を徹底解説の申込み



開催日時

2016年2月19日(金) 13:15〜16:45|申込み締切 2016年2月18日(木)
会  場 関東ITソフトウエア健保会館 ・ 会議室 (大久保) 
東京都新宿区百人町2-27-6 関東ITソフトウェア健保会館
JR中央・総武線「大久保」駅北口改札 徒歩1分、 JR山手線「新大久保」駅 徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |経営者CIO|情報システム部の統括


セミナー概要

 e-文書法 及び 電子帳簿保存法は企業の基幹である財務会計を電子化するための法的基盤で、業務及び会計システムの電子化は、その要件を正しく理解して構築されていなければなりません。既に、電子帳簿保存法施行規則が改正・施行され、新要件にての承認申請が受付開始されました。
 本セミナーでは、同法の概略と今回の規制緩和の内容を解説するとともに、、財務会計システムの最新動向や関連業務とともに、分かりやすくご紹介いたします。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/02/19
13:25〜14:10

電子帳簿保存法の最新動向。スキャナ保存の要件緩和ポイントはここだ

講師 益田 康夫
アンテナハウス/日本文書情報マネジメント協会(JIIMA) e-文書推進WG リーダー
14:10〜14:50

総勘定元帳・仕訳帳等の帳簿の電子化、領収書・請求書等の書類の電子化への対応方法はこれだ

講師 NTTデータ ビジネスブレインズ
15:00〜15:40

会計を“もっとやさしく”“もっと便利に”経営基盤ソリューションSuperStreamのご紹介
講師 スーパーストリーム
15:40〜16:10

なくならないFAX。ペーパーレスFAXの活用事例、運用事例のご紹介
講師 インターコム
16:10〜16:35

マイナンバーカードにも対応、進化し続けるOCR

講師 メディアドライブ

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・ビジネスブレインズ
住 所 : 東京都港区芝公園2丁目4番1号 芝パークビルA館14階
TEL : 050-3481-7118
FAX : 050-3481-7112
e-mail : package@nttd-bb.com
URL : http://pandora-ax.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50061988


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ