IT・IT製品TOP > 情報システム > PLM > PLMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/01/16

2016年製造業向けITセミナー


主催:エスツーアイ 協賛:ダッソー・システムズ


2016年製造業向けITセミナーのセミナー概要 2016年製造業向けITセミナーのプログラム 2016年製造業向けITセミナーの申込み



開催日時

2016年2月17日(水) 13:30〜17:00|申込み締切 2016年2月16日(火)
会  場 ミッドランドスクエア 5F ミッドランドホール会議室B
愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |経営者CIO|その他


セミナー概要

日本特殊陶業の事例より部品表の構築方法をご紹介


近年、グローバルに市場を展開する企業では、為替の影響を受けない海外法人に業務を移管して現地開発・現地生産が日本の製造業の主流になってきています。海外法人の立ち上げには、グローバルで共通のシステム基盤を設けることで、国内にいながら海外の統制をはかることが重要です。
 本セミナーでは、製造業の多い三河地区で15年に渡り部品表を専門にソリューションを提供してきたエスツーアイがグローバル標準な部品表として推奨する3DEXPERIENCE Platformの製品概要をご紹介するとともに、より具体的な事例を集めてその活用方法をご紹介します。
また特別講演では東浦カリモク様へ導入した最先端な現場系システム開発事例をご紹介させていただきます。IoTやIndustry4.0検討の参考にしていただけます。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/02/17
13:30〜14:30

顧客エクスペリエンスを創造する3DEXPERIENCE Platformのご紹介

WAO!とお客様が感じるような製品やサービス(EXPERIENCE)が求められています。
しかし、複雑なビジネス環境やグローバル開発の中でお客様の高まる期待に応えつつ利益を確保するのは非常に難しくなっています。
このセッションでは、「より高い製品価値」「より高いイノベーション」「実行効率の向上」を実現するダッソー・システムズの3DEXPERIENCE Platform/ENOVIA Appsをワールドワイドの先行事例を含めご紹介いたします。
講師 神保 孝二
ダッソー・システムズ株式会社
ENOVIA JAPAN Sales Director
14:40〜15:40

ENOVIAで実現するグローバル設計を見据えた部品表と導入事例のご紹介

「BOM」とひとことで言っても様々なものがあります。構想BOM、設計BOM、生準BOM、製造BOM・・・。既に何らかのシステムを運用をされていることと思いますが、国内だけでなく海外拠点での設計開発を行っていくためにはそれに対応したシステムが必要になると考えられます。
このセッションでは、グローバル設計を見据えた部品表とそれに連携するシステムについて事例を交えてご紹介します。
講師 安藤 泰明
エスツーアイ株式会社
ソリューション推進センター 営業1部 課長 安藤 泰明
15:50〜16:50

RFIDを利用した工場の見える化

IoTやIndustry4.0といった新しい言葉に置き換えても、RFID自体は「既知のコンセプト」です。しかしながら、この技術を製造現場で有効活用する方法は確立されていません。 実際にRFIDの使用を試みると、数多くの壁にぶつかり、机上の理論ではあり得ない事象を体感しました。 このセッションでは、試行錯誤の末に辿り着いたRFIDの『適切な利用方法』をご紹介いたします。
講師 鱸 寛
エスツーアイ株式会社
システム開発センター 14T 課長

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


エスツーアイ株式会社
住 所 : 愛知県知多郡東浦町大字緒川字屋敷壱区34番地
TEL : 0562-83-4095
e-mail : taichi.murase@s2-i.co.jp
URL : http://www.s2-i.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50061967


IT・IT製品TOP > 情報システム > PLM > PLMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ