不正リスクマネジメント対策としてのIT活用セミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2016/01/07

不正リスクマネジメント対策としてのIT活用セミナー


リコージャパン


不正リスクマネジメント対策としてのIT活用セミナーのセミナー概要 不正リスクマネジメント対策としてのIT活用セミナーのプログラム 不正リスクマネジメント対策としてのIT活用セミナーの申込み



開催日時

2016年1月25日(月) 15:00〜17:00|申込み締切 2016年1月25日(月)
会  場 リコージャパン株式会社 晴海トリトン事業所
東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエア X棟42F
・大江戸線勝どき駅 A2a・b出口より / 徒歩4分
・有楽町線 / 大江戸線月島駅 10番出口より / 徒歩9分
※グランドロビーより右手奥オフィスタワーXへ進み、高層階(38階以上)のエレベータを利用して下さい。

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括


セミナー概要

海外進出・子会社のガバナンスリスクコンプライアンスに備える


ビジネスのグローバル化が加速し、競争環境がますます激化する中、コンプライアンスの問題は重要度を増しています。
企業がビジネスを進める中で、コンプライアンスの問題は事業の根幹を揺るがす事態につながりかねません。
最近の会社法改正で親会社の責任が増したことから、子会社のマネジメントに対する要求が増しました。また、TPP協定による海外への進出増加が見込まれることから、海外子会社のリスクが高まることが予想されます。
そんな中、企業が法律や企業倫理を遵守し、社会的責任を果たしながらビジネスを進めるためには、どんな考えの下で何に気を付ければ良いのでしょう。
本セミナーでは海外拠点やグループ子会社等のリスクを低減するためのITの活用と、具体的なソリューションとしてのSAP Business Oneについてご紹介いたします。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/01/25
15:05〜16:00

不正のメカニズムに対するITの備え

海外拠点やグループ子会社等のリスクを低減するために、不正が起きる原因とそれに対する対策を知る必要があります。近年のコンプライアンスの問題に関する事例には共通したメカニズムが存在します。身近な例としても、経営・IT部門と従業員の間にリスク対策について思い違いが存在します。それを踏まえ、なぜ不正が起きるのか、それをITでどのように防げばよいのかのポイントを解説いたします。
講師 リコージャパン株式会社
2016/01/25
16:10〜17:00

ERPが支えるリスク低減の業務のしくみ

従来は現地法人ごとに部分最適のシステムを構築していた企業も少なくありませんでしたが、今後求められるのは世界の各拠点を視野に入れた全体最適化されたITと業務の仕組みです。ERPの導入目的の1つ「透明性のある経営」は、そのようなIT基盤による業務の可視化や権限設定、ロギングなどで実現されます。
また、近年では電子データに対する収集・移管の法規則が国によって異なり、それがまたガバナンスリスクを高めていますが、海外不正調査は手間とコストがかかります。
ビジネスを下支えする強固なIT基盤としての中堅・中小企業向けERP SAP Business Oneについて具体的にご説明いたします。
講師 リコージャパン株式会社

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


リコージャパン株式会社
住 所 : 東京都中央区晴海1-8-10 トリトンスクエア オフィスタワーX
TEL : 03-5560-0131
e-mail : si_info@ricoh-japan.co.jp
URL : http://www.ricoh.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50061745


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ