マルウェア感染端末を検知し、被害を未然に防ぐためには

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/11/28

マルウェア感染端末を検知し、被害を未然に防ぐためには


アズジェント


マルウェア感染端末を検知し、被害を未然に防ぐためにはのセミナー概要 マルウェア感染端末を検知し、被害を未然に防ぐためにはの申込み



開催日時

2015年12月11日(金) 15:00〜16:20|申込み締切 2015年12月10日(木)
会  場 アズジェント セミナールーム
東京都中央区明石町6-4
新富町駅(有楽町線) 6番出口より徒歩6分
月島駅(有楽町線、大江戸線) 7番出口より徒歩7分
築地駅(日比谷線) 3番出口より徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用|システムの設計・運用


セミナー概要

特定の組織をターゲットとして標的型攻撃により、重要な情報が盗まれるといった事件が多発しています。今まで有効といわれていた「入口対策」「出口対策」だけで、このような攻撃を防ぐことは難しくなってきています。このため、「内部対策」が注目されています。
「DAMBALLA Failsafe」は、構内トラフィックを監視することにより、疑わしい挙動を検知、リスク分析エンジンにより相関分析をすることで対応緊急度の高い感染端末を特定します。ネットワークにおける振る舞いそのものを監視するため、サンドボックスを通過したマルウェアに感染した端末も見極めることができます。これにより、情報漏洩が起きる前の対策が可能となり、セキュリティリスクを低減することができます。

本セミナーでは、「DAMBALLA Failsafe」の機能、サンドボックス、IDSとの違いなどについてデモを交えながらご説明します。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社アズジェント
住 所 : 東京都中央区明石町6-4
TEL : 03-6853-7402
e-mail : seminar@asgent.co.jp
URL : http://www.asgent.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50061492


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ