スマートライフの実現に向けて ソフトウェアで広がる未来

IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/11/27

スマートライフの実現に向けて ソフトウェアで広がる未来


ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ/アイリッジ


スマートライフの実現に向けて ソフトウェアで広がる未来のセミナー概要 スマートライフの実現に向けて ソフトウェアで広がる未来のプログラム スマートライフの実現に向けて ソフトウェアで広がる未来の申込み



開催日時

2015年12月9日(水) 14:00〜16:30|申込み締切 2015年12月8日(火)
会  場 野村コンファレンスプラザ日本橋 6F 中ホール2
東京都中央区日本橋室町2丁目4番3号 日本橋室町野村ビル6F 
・東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅(A9出口直結)徒歩1分
・JR総武本線「新日本橋」駅(2番出口)徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|その他


セミナー概要

スマートライフの実現に向けて


スマートフォンの普及により、その実現が加速されている「スマートライフ」。 モバイル通信サービスの可能性を広げ、その進化を牽引されてきたNTTドコモ様より今描かれる最新のスマートライフ世界観をご紹介いただきます。
そして、現在のソフトウェアではどのようなスマートライフが実現されてきているのか、国内O2Oビジネス事例を皆様と共有いたします。また、スマートライフにより私たちの生活がネットワークと密接になることで起こりうる脅威をソフトウェアセキュリティの観点でお話しいたします。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/12/09
14:30〜15:10

講演 スマートライフビジネスの実現に向けて 〜ドコモの描く未来〜

携帯電話をめぐる市場の変化が激しい中、NTTドコモは「スマートライフ」のコンセプトを掲げ、私たちの生活に関わる様々なビジネスに挑戦の場を広げています。
本講演では、ドコモのスマートライフビジネスへの取り組みと将来の展望をお話しいたします。
講師 蓑手康史
株式会社NTTドコモ
スマートライフ推進部
2015/12/09
15:20〜15:50

セッション1 成功事例にみる O2O とビッグデータの活用アプリ

スマートフォンの普及により、実店舗(オフライン)とWeb(オンライン)を効果的かつ効率的に連携させ、多くの企業が相互集客・販売促進を強化するO2O / オムニチャネルに取り組んでいますが、まだまだ手探り段階の企業や、顧客の利便性向上や店舗スタッフの接客支援の有効活用が困難な状態が多く見受けられます。

そこで今回は、大手小売りチェーン、商業施設などの最新事例や次世代ソリューションについてご紹介するとともに、O2OビッグデータやO2O決済など、今後のO2Oの潮流についてご紹介します。
講師 小田健太郎
株式会社アイリッジ
代表取締役社長
2015/12/09
15:50〜16:20

セッション2 IoT時代を支えるモバイルアプリセキュリティ

IoTの普及により今までセキュリティ問題が起きなかった分野にも攻撃者が入り込んでくることになり、新たなセキュリティ脅威が発生することが懸念されています。
本セッションではモバイルアプリセキュリティの現状をお話し、そこから予想されるIoT時代の脅威とモバイルセキュリティの最新動向をご紹介いたします。
講師 岩野芳紀
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社
TEL : 050-3750-1895
FAX : 050-3750-1792
e-mail : sdna-scc-inquiry@jp.sony.com
URL : http://www.sonydna.com/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50061472


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ