組立製造業向けビジネスイノベーションセミナー

IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/11/20

組立製造業向けビジネスイノベーションセミナー


ワイ・ディ・シー


組立製造業向けビジネスイノベーションセミナーのセミナー概要 組立製造業向けビジネスイノベーションセミナーのプログラム 組立製造業向けビジネスイノベーションセミナーの申込み



開催日時

2016年2月25日(木) 13:00〜17:00|申込み締切 2016年2月23日(火)
会  場 大手町サンケイプラザ
東京都千代田区大手町1-7-2
JR東京駅 丸の内北口より徒歩7分/地下鉄丸の内線、半蔵門線などの各大手町駅A4・E1出口直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |その他


セミナー概要

日本のものづくり企業がグローバルで戦う方法


日本国内の市場が縮小するなか、既に多くの製造業の主戦場が国内から海外にシフトしています。また産業構造の変化や、近年のICTに代表される技術革新の波は、市場(顧客)が求める価値をも大きく変化させており、製造業にとって、こうした変化に“柔軟かつスピーディ”に対応できるグローバルで戦えるビジネスモデルへの変革が急務となっています。
そこで求められるのが、設計・開発、営業など部門に閉じた現場の改革にとどまらず、企業戦略の策定やそれを支える組織・人財マネジメント改革、更には聖域であった製品開発モデル変革などビジネスモデル全体の改革です。こうした認識のもと、当社は「真のグローバルビジネスモデルへの変革」の必要性と変革のポイントを、横河電機株式会社での事例を交えて具体的にご紹介します。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2016/02/25
13:10〜14:00

グローバル能力構築競争時代のITを活かすものづくり

21世紀前半に出現しつつある「グローバル能力構築競争」の時代に、日本のものづくり現場、特に優良企業が実行している「統合型ものづくり」と、それを支えるITシステムのあり方について様々な角度からみた新たなフレームワークをご紹介します。
講師 朴 英元 氏
埼玉大学人文社会科学研究科
教授
2016/02/25
14:00〜14:50

YDC共動創発事業〜横河電機へのコンサルの背景と実績、将来について

日本の製造業、更には横河電機を取り巻く背景を踏まえて、共動創発がなぜ横河電機の業務改革を推進したのか?また、そこで進化された改革メソッド全体像を紹介することで、ほかの製造業のお客様が抱える経営的な課題と製品開発における課題を関連させながら解くヒントをお話しします。
講師 田中 剛
株式会社社ワイ・ディ・シー  共動創発事業本部 共動推進部
部長
2016/02/25
15:10〜16:00

横河電機を中心とした改革のポイントと事例紹介

横河電機、及びほかの製造業のお客様にて、実際に実施してきた改革内容をベースに、そのポイントをご説明します。また、コンフィギュレーション、モジュール化、組織、キャリアパスなど、実例をデモンストレーションも交えながらご紹介します。
講師 上野 拓人
株式会社社ワイ・ディ・シー  共動創発事業本部 創発推進部
部長
2016/02/25
16:00〜16:45

横河電機のお客様をつなぐCo-Innovation

大きな変化の波に対応するには、様々な連携が必要となります。横河電機は、お客様のCo-Innovationに向けた橋渡しをするとともに、一緒に新しい価値を創造することが重要と考えています。
講師 中原 正俊 氏
横河電機株式会社
取締役 常務執行役員

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社ワイ・ディ・シー
TEL : 042-352-6111
e-mail : sakumae@ydc.co.jp
URL : http://www.ydc.co.jp


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50061370


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ