企業価値を高める!製品開発力強化セミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/10/24

企業価値を高める!製品開発力強化セミナー


ダイキン工業


企業価値を高める!製品開発力強化セミナーのセミナー概要 企業価値を高める!製品開発力強化セミナーの申込み



開催日時

2015年11月18日(水) 14:00〜17:30|申込み締切 2015年11月16日(月)
会  場 JR品川イーストビル 10階セミナー会場
東京都港区港南2-18-1

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

その他


セミナー概要

ダイキンにおけるDR改革による手戻り防止と不具合削減の取組み


今回のセミナーでは、「DR改革による手戻り防止と不具合削減の取り組み」と題して、ダイキン工業 空調生産本部における業務改革事例をご紹介いたします。
開発プロセスマネジメントシステムSpaceFinderを利用した最新の設計環境事例のご紹介に加え、実際に業務改革を推進したリーダー自身が、自らの経験を元に(1)プロセス改革手法、(2)マネージメント(組織設計・人材育成)手法等、業務改革におけるポイント・コツをご紹介いたします。

-----------------------------------------------------------------------------
セッション1 事例講演
-----------------------------------------------------------------------------
ダイキンにおけるDR改革による手戻り防止と不具合削減の取組み
〜業務改革と人材育成を進めるための視点〜

【講演者】
ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 シニア・コンサルタント 博士(経営学) 門脇一彦

製造業の持続的成長には、品質・コスト・納期の最適なバランスを保ちながら、変化する顧客要望や市場環境を先取りできる設計情報の活用が重要なキーワードといえます。これまで、3D-CAD、PDM/PLM、ERPに注目した基盤整備が行われてきましたが、それだけで十分な成果が得られたでしょうか。多数の組織と技術者の「摺り合わせ」で成立する日本型の設計過程では、基幹システムの間で生じる情報生成・伝達・蓄積を司る業務プロセスへの注目が重要といえます。ダイキン工業においても、コンカレントエンジニアリングを目的に、DR改革を初めとする様々な業務改革と設計情報活用の仕組みの強化に取り組んできました。
本講演では、設計品質向上に向けた業務改革の必須要素である (1)プロセス (2)マネージメント(組織設計・人材育成) (3)開発支援ツール の3つの視点を中心に、ダイキン工業の具体的な改革事例を交えながら、設計環境のあるべき姿ご紹介します。

-----------------------------------------------------------------------------
セッション2 適用事例のご紹介
-----------------------------------------------------------------------------
株式会社村田製作所 様
〜「グローバル開発案件管理システム構築事例」のご紹介〜


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


ダイキン工業株式会社
住 所 : 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル
TEL : 03-6716-0464


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50061029


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ