塩漬けシステムを蘇らせるITモダナイゼーションセミナー

IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/10/23

塩漬けシステムを蘇らせるITモダナイゼーションセミナー


システムズ


塩漬けシステムを蘇らせるITモダナイゼーションセミナーのセミナー概要 塩漬けシステムを蘇らせるITモダナイゼーションセミナーのプログラム 塩漬けシステムを蘇らせるITモダナイゼーションセミナーの申込み



開催日時

2015年11月19日(木) 14:30〜17:00|申込み締切 2015年11月18日(水)
会  場 西五反田102ビル8階 システムズ 本社 セミナールーム
東京都品川区西五反田7-24-5
JR山手線 五反田駅西口より徒歩10分
東急池上線 大崎広小路駅より徒歩8分 

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|全社スタッフ
参加者プレゼント
システムズオリジナル「スマホタッチペン付き3色ボールペン」


セミナー概要

変換ツールやテスト自動化ツールデモを交え最新移行事例を紹介


マイグレーションプロバイダのシステムズでは、マイグレーションのリーディングプロバイダとして、レガシー化した既存システムをモダナイズ(近代化)するための、システム移行最新動向や適用事例などを、お客様の課題やニーズ、ITトレンドに合わせ、セミナーで取り上げています。

今回のセミナーは、塩漬けシステムを近代化したい。そんな、どのITの現場にもあるニーズに、最近その適用範囲が広がっている「モダナイゼーション」の特長やメリットについて、メインフレーム等のホスト系レガシーシステムのマイグレーションで多数の移行実績のあるシステムズが、課題解決に向けたアプローチをご紹介します。

特に、モダナイゼーション事例セッションでは、異なる開発言語間での「非互換」を解消し変換移行を行う「リライト」によるメインフレーム移行から、最新トレンドである基幹システムのクラウド基盤への移行、ERP導入の補完手法化までを、「変換ツール」によるデモを交え詳しく解説。また最新マイグレーショントピックスとして、マイグレーションテストの自動化についてのゲスト講演も行います。

     ▼    △     ▼    △     ▼

20年に渡り、様々な汎用機やWindows系レガシーシステムのマイグレーション(システム移行)を提案し、実績を積み重ねてきたマイグレーションプロバイダだからこそ語れる「レガシーシステム移行の現場」からお伝えしたい内容です。



このページの先頭へ


プログラム

2015/11/19
14:00〜14:30

開場 〜 受付

セミナー受付(名刺と受講票をご持参下さい。)
14:30〜14:35

オープニング(ご挨拶とセミナーのアジェンダ紹介)

セミナー開始にあたり、当社より参加御礼等 ご挨拶
14:35〜15:30

■レガシーシステムを蘇らせる「リライト手法」を起点としたモダナイゼーション実現のポイント

「モダナイゼーション9つの手法」のうち、ソースコードの変換で既存資産の移行を実現する「リライト手法」及び、モダナイゼーション(レガシーシステム近代化)への課題解決に向けたアプローチをご紹介します。
・マイグレーションでの「リライト(変換移行)」とは/リライトが適用されるモダナイゼーションの事例/PoCによるレガシーシステム見直しアプローチ/デモによるCOBOL変換解説など
講師 中本周志
株式会社システムズ マイグレーション事業本部
担当部長
15:30〜16:10

■マイグレーション技術者が、とっておきを解説!失敗しないメインフレーム移行事例

ホスト系マイグレーション事例セッション。マイグレーション事例のこれまでとこれからより、既存システム見直しのコツを移行のプロが解説。モダナイゼーション手法「リライト」による、汎用機上の4GL(第4世代言語)からCOBOLへの変換移行事例から、最新の事例としてオンプレミスからクラウド基盤を活用した移行事例なども解説。
講師 大島理史
マイグレーション事業本部 開発グループ
プロジェクトマネージャー
16:20〜17:00

■自動テストはレガシーマイグレーションの常識を変える!低コスト・低リスクを実現するマイグレーションの進め方

レガシーマイグレーション・プロジェクトの人件費の約60%はテストです。プロジェクトの成否はテストフェーズのコスト・リスクのコントロールに掛かっています。プロジェクトの企画に自動テストのコンセプトを活用したり、実行時のコストとリスクを低減させるために自動テストを活用するなど、様々な活用方法について紹介します。
講師 天野 彰
イーティエス株式会社 技術部
部長
17:00〜

セミナー閉会(質疑応答、マイグレーション技術者との個別ご相談承り)

当日のセッション内容に関するご質問、及び、当日セッション講演を行ったマイグレーション技術者が、既存システムの見直し、再構築に関するご相談を個々に承ります。
講師 マイグレーション担当SEメンバー
マイグレーション事業本部 開発グループ
プロマネ/SE

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社システムズ
住 所 : 東京都品川区西五反田7-24-5 西五反田102ビル8階
TEL : 03-3493-0032
FAX : 03-3493-2033
e-mail : migration@systems-inc.co.jp
URL : http://www.systems-inc.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50061004


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ