IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/10/09

Docker社公認 Introduction to Docker


クリエーションライン


Docker社公認 Introduction to Dockerのセミナー概要 Docker社公認 Introduction to Dockerのプログラム Docker社公認 Introduction to Dockerの申込み



開催日時

2015年10月22日(木) 10:00〜17:00|申込み締切 2015年10月15日(木)
会  場 UDX
東京都千代田区 外神田4-14-1
秋葉原駅より徒歩3分

地図はこちら
参加費

有料 5万4000円(税込)
定 員

12名
こんな方にオススメ

全社スタッフ


セミナー概要

Docker Inc より Docker Authorized Training Partnerとして
認定を受けたクリエーションラインが開催する公認のDockerトレーニングコース。
Docker Certified Trainer(Docker社公認トレーナー)が講師担当。
「Introduction to Docker」として1日間のハンズオン形式として実施いたします。
トレーニング受講者にはDocker社公認の受講修了書が付与されます。

1. コンテナ入門
コンテナの基礎となる仮想化の概念の紹介と、仮想マシンより高い利便性を持つコンテナについて、概要を学びます。

2. Dockerの概念と用語
Dockerエンジンやコンテナ、クライアント、レジストリなど、Docker独自の用語や概念について学びます。Boot2Dockerなどのオーケストレーション・ツールについても扱います。

3. Dockerのインストール
Dockerを一般的なLinux上にインストールする方法や、Windows、Mac OSX上にセットアップします。

4. イメージ入門
Dockerクライアントを使い、Docker Hubからイメージを検索する方法を学びます。Docker Hubのアカウント作成や、オフィシャル・レポジトリやイメージ・タグの概念を学び、様々なイメージを取得できるようにします。

5. コンテナの実行と管理
どのようにコンテナを実行・停止するか、基本コマンドによる操作を学びます。コンテナにアクセスする方法や、プロセスの動き方、ログの確認の仕方、コンテナの情報の取得方法を扱います。

6. イメージの構築
イメージの層(レイヤー)についてや、Dockerfileを使ったイメージの構築方法を学びます。コンテナの内容に関するコミットや、Dockerfileの様々な命令、そして、ベスト・プラクティスを扱います。

7. イメージの管理と配布
イメージの配布に関する概要や、Docker Hubへの送信方法、パブリックとプライベートのレポジトリの違い、イメージのタグ付け、イメージの削除を学びます。

8. コンテナのボリューム
ボリュームは何であり、どのように扱うかを学びます。ウェブサーバを例に上でボリュームを設定し、データ・コンテナを作成し、Dockerfileでボリュームを設定します。

9. コンテナのネットワーク
Dockerのネットワークモデルについてや、ホスト側のポートとコンテナ側のポートの仕方、コンテナの間のリンクについて学びます。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

Introduction to Docker

講師 前佛 雅人
Docker社公認トレーナー(Docker Certified Trainer)

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


クリエーションライン株式会社
TEL : 03-5829-8355
FAX : 03-5829-8356
e-mail : a-watabe@creationline.com
URL : https://www.creationline.com/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50060746


IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ