進化する未知の攻撃に備えた体制作りとは!?

IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/10/06

進化する未知の攻撃に備えた体制作りとは!?


エムオーテックス 協催:デロイトトーマツリスクサービス/トレンドマイクロ


進化する未知の攻撃に備えた体制作りとは!?のセミナー概要 進化する未知の攻撃に備えた体制作りとは!?のプログラム 進化する未知の攻撃に備えた体制作りとは!?の申込み



開催日時

2015年10月27日(火) 14:00〜16:30|申込み締切 2015年10月26日(月)
会  場 エムオーテックス東京本部
東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス5階
JR品川駅(港南口)より徒歩6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

70名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ


セミナー概要

増加傾向にある攻撃手法や、CSIRT構築のポイントを解説


昨今、標的型メールの攻撃が世間を賑わせており、その対応/対策に企業や組織は動いていることかと思います。また、未知の攻撃も増えてきており、日々情報漏洩に対するリスクが高まっている状況です。

今回は、CSIRTを自組織でも構築しており、内閣サイバーセキュリティーセンター(NISC)でサイバーセキュリティ対策を立案していたデロイトトーマツリスクサービス丸山満彦氏、トレンドマイクロ今佑輔氏が登壇し、今できること、やらねばならぬことを徹底解説します。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/10/27
14:00〜15:00

【基調講演】『情シスだけでは難しい!CSIRT構築の第一歩。』

セキュリティインシデントが日常的に発生する昨今、情報システム部門だけで完結させることは難しいです。しかし問題発覚時に責められるのは情報システム部門ですし、会社の信用問題にもかかわります。本セッションでは、情報システム部門がCSIRTのような体制作りを進めていく上で、「名ばかりCSIRT」とならぬよう、どういった役割を果たすべきかをご紹介します。
講師 丸山 満彦
デロイトトーマツリスクサービス株式会社
代表取締役
15:10〜16:10

『インシデントの現場から 〜未知マルウェアとの付き合い方〜』

メールを開けば標的型メール、Webを開けば水飲み場攻撃、不正広告。
マルウェア感染による外部接続からの情報漏洩。
そんな日々ニュースを賑わせるセキュリティインシデントは、皆さんの何気ない日常に潜んでいます。攻撃に使用されるマルウェアや、被害に「遭う」ことについて事例を交えながらお届けさせていただきます。
講師 朴 明浩氏
トレンドマイクロ株式会社
TM-SIRT 
16:10〜16:50

『攻撃されることを前提に考えるクライアントセキュリティ対策』

100%完全に防ぐことができないと言われる標的型攻撃。それを前提と考えたセキュリティ対策や、改めて考え直すべきセキュリティ運用について考察し、操作状況の見える化から今あるリスクの発見方法とその対策についてご紹介します。
講師 池田 淳
エムオーテックス株式会社
執行役員

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


エムオーテックス株式会社
住 所 : 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス5階
TEL : 03-5460-0775
FAX : 03-5460-0776
e-mail : seminar@motex.co.jp
URL : http://www.motex.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50060688


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ