第20回製造業様向けグローバル競争力強化セミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/10/02

第20回製造業様向けグローバル競争力強化セミナー


キヤノンITソリューションズ/アットストリーム/東洋ビジネスエンジニアリング/アスプローバ


第20回製造業様向けグローバル競争力強化セミナーのセミナー概要 第20回製造業様向けグローバル競争力強化セミナーのプログラム 第20回製造業様向けグローバル競争力強化セミナーの申込み



開催日時

2015年10月28日(水) 14:10〜17:00|申込み締切 2015年10月23日(金)
会  場 キヤノンマーケティングジャパン株式会社大阪支店18Fセミナールーム
大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル
JR大阪駅より徒歩4分
  阪神電鉄梅田駅より徒歩5分
 地下鉄四つ橋線西梅田駅より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |経営者CIO|全社スタッフ


セミナー概要

高収益体質確立のための製造原価低減アプローチ


拝啓、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
昨今、中国経済の減速、アジア諸国の成長停滞、為替/株価の変動等、不安定要素がますます増大していると言えます。また、日本の多くの製造業は、消費マインドの低迷、国内市場縮小が続く中、電力の値上げ、原材料調達コストの増加、更には、TPPによる海外製品の流入等、熾烈なグローバル競争に直面していることは周知の通りです。 そのような状況下においてこそ、徹底したコスト削減によるグローバルなコスト競争力強化、強い収益体質の確立が求められております。 そこで、本セミナーでは、製造原価管理のあり方に着目し、原価低減のためのあるべき原価管理とアプローチ方法について、いくつかの事例を交え、ご紹介します。 貴社のグローバル戦略のヒントとして、ご活用いただければ幸いです。   敬具


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/10/28
14:10〜15:10

勝ち抜くための原価管理手法とコスト低減アプローチ

長引く国内消費低迷、消費増税や輸入コスト増大、その製品価格への転嫁が厳しい中、製造コスト低減、適正化は熾烈な競争を勝ち抜くための重要な課題と言えます。 そこで、本セッションでは、製造原価管理のあり方、コスト低減アプローチについて、事例を交えてご紹介しながら、高収益体質を確立するためのヒントをご提供いたします。
講師 内山 正悟
株式会社アットストリーム
マネジャー
15:10〜16:00

グローバルERP『MCFrame』による原価管理基盤構築と成功事例

厳しい経営環境の中、正しいコスト戦略の立案と実行、製造コスト低減・適正化を図ることは、高収益体質を確立するための重要な経営戦略であります。 本セッションでは、製造業の「現場」「営業」「経営」をつなぐビジネスチェーンとして、導入済み企業を例にとり、どのように、『MCFrame原価管理』が活用されているか、成功のアプローチ方法についてご紹介します。
講師 迫田 圭
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
16:10〜17:00

『Asprova』による計画主導型生産を製造コスト低減に活かすには?

製造業において、製品必要量を効率的かつ納期通りに作ることは当然の使命ですが、需要や生産の変動など多くの要因がその実現を阻害している のが実情ではないでしょうか? 
本セッションでは、生産スケジューラ『Asprova』をベースに計画主導型生産を実現し、製造コストの低減 に結びつける道筋についてご紹介します。
講師 花井 友幸
アスプローバ株式会社

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


キヤノンITソリューションズ株式会社
住 所 : 大阪市西区土佐堀2-2-4 土佐堀ダイビル
TEL : 06-7635-3059
URL : http://www.canon-its.co.jp/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50060650


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ