IoT/ビッグデータ活用【最新情報】で競争優位をつかむセミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/09/25

IoT/ビッグデータ活用【最新情報】で競争優位をつかむセミナー


兼松エレクトロニクス/協賛:デル・ソフトウェア


IoT/ビッグデータ活用【最新情報】で競争優位をつかむセミナーのセミナー概要 IoT/ビッグデータ活用【最新情報】で競争優位をつかむセミナーのプログラム IoT/ビッグデータ活用【最新情報】で競争優位をつかむセミナーの申込み



開催日時

2015年10月23日(金) 13:30〜17:20|申込み締切 2015年10月22日(木)
会  場 兼松エレクトロニクス株式会社 7階セミナールーム
東京都中央区京橋2-13-10 京橋MIDビル 7階セミナールーム

地図はこちら
参加費

無料
定 員

70名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|製造・生産管理


セミナー概要

企業を成功に導く「ビッグデータ活用」の最新情報がココに


話題の「ドローン」をはじめ、IoT(モノのインターネット)に注目が集まっています。
今後は数百億のIoTデバイスがインターネットにつながると言われており、
そこから送信される「ビッグデータ」の利活用がビジネスの成否を分けることになりそうです。
効率の良いビッグデータの収集、分析は、製品/サービスの品質向上だけでなく、
新たなビジネスを生み出す可能性を秘めています。

本セミナーは、IoT、ビッグデータをビジネスに生かすための、
最新アプローチ手法/データ解析・分析/ビッグデータ基盤/基本となるデータの保護を
全包囲網に最新の情報としてご紹介します。

単体言葉では知っていたり、バズワードとしてはなんとなく分かるが、「全体と詳細」をキチンとおさえておきたい。
これからビッグデータ活用をしようとするあなた・企業にぴったりのセミナーです。

一歩進んだ情報をインプットし、自社をリードするための貴重な価値がココにあります。



このページの先頭へ


プログラム

13:30〜14:00

受付

14:05〜14:45

ビッグデータへの新しいアプローチ

デル・ソフトウェアが考える、ビックデータへの新しいアプローチ手法について、弊社ソリューションを交えご説明いたします。
講師 湯本 敏久
デル・ソフトウェア株式会社
シニアビジネスデベロッパーマネジャー
14:45〜15:25

ビッグデータを解析し、経営力を向上させる手法

ビックデータを実際のビジネスに利用している事例を交え、経営力を向上させる手法をご説明いたします。
講師 澤田 静雄
東芝電子エンジニアリング株式会社
特別顧問
15:40〜16:20

ビッグデータの要となるデータを「最新の状態」として保護する方法

デル・ソフトウェアが持つ幅広いデータ保護ソリューションについて、最新の情報を交えご提案いたします。
講師 土橋 一範
デル・ソフトウェア株式会社
データプロテクション営業本部 本部長
16:20〜16:50

Bigdata・IoTを支えるインフラソリューションのご紹介

イノベーションを加速させるデルのインフラソリューションの最新情報とトレンドについてご提案させていただきます。
講師 一丸 太作
デル株式会社
ストレージビジネス本部 ストレージ・アーキテクト
16:50〜17:20

デル製品の導入事例のご紹介

イノベーションを加速させるデルのインフラソリューションの最新情報とトレンドについてご提案させていただきます。
講師 橋野 利久
兼松エレクトロニクス株式会社
ビジネス開発本部ビジネス戦略室

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


デル・ソフトウェア株式会社
住 所 : 東京都新宿区西新宿6-10-1日土地西新宿ビル 13F
e-mail : dp.japansales@software.dell.com
URL : http://dellsoftware.jp


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50060495


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ