オンプレミスからAWSへのDB移行・連携・BCP活用セミナー

IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/09/18

オンプレミスからAWSへのDB移行・連携・BCP活用セミナー


クライム/アマゾン データ サービス ジャパン


オンプレミスからAWSへのDB移行・連携・BCP活用セミナーのセミナー概要 オンプレミスからAWSへのDB移行・連携・BCP活用セミナーの申込み



開催日時

2015年10月23日(金) 17:00〜19:00|申込み締切 2015年10月22日(木)
会  場 ロイヤルパークホテル(東京都中央区) 4階『琥珀』
東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1
東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」に直結(4番出口)
東京メトロ日比谷線・都営浅草線「人形町駅」より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括


セミナー概要

AWSへのDB移行、連係のお悩みを解決いたします!


本セミナーではオンプレミスからAWS上のDBへ
簡単に移行・連携するためのポイントについて詳しくご紹介します。

前半のセッションではアマゾン データ サービス ジャパン様をお招きし、
AWSでのDB構築・運用のポイント・メリットについてご講演いただきます。

後半のセッションでは弊社よりDBレプリケーションツール「DBMoto」を使用した
オンプレミスからAWSへのDB移行・連携についてご紹介します。

DBMotoはAWSの以下のDBサービスに対応しています。
・Amazon EC2上のデータベース
・Amazon RDS(Aurora・Oracle・SQL Server・MySQL・PostgreSQL)
・Amazon Redshift
・SAP HANA(Amazonインスタンス)

●前半のセッションでAWSのメリットは理解したが、いざ移行するとなると何が必要か?
●オンプレミスのDBを止めずにAWSへ移行したい
●オンプレミス・AWS間でデータ連携したい
●AWSでのテーブル作成が面倒・・・

これらをDBMotoでどのように解決するか?弊社より詳しくご紹介します。


【セミナープログラム】
16:30 (受付開始)

17:00 〜 18:00  (仮)AWSでのDB構築・運用のノウハウ

オンプレミス環境でのDBと比較し、AWSでのDB構築・運用にはどのようなメリットがあるか?
本セッションではアマゾン データ サービス ジャパン様をお招きし、AWSでのEC2やRDSでの
DB構築・運用のメリットについて、また汎用的なトランザクション用のAmazon Aurora、
データウェアハウス構築用のAmazon Redshiftの有効活用法について詳しくご講演いただきます。

講師:アマゾン データ サービス ジャパン 井上 和英 氏


18:00 〜 19:00  オンプレミスDBからAWSへ移行・連携するための最適手法

・移行時にはDBを止めたくない
・DBをAWSでオープン化したい
・Amazon AuroraやRedshiftへ連携したい
・・・このようなお悩みをお持ちの方へ、異種DB間対応リアルタイム・レプリケーションツール
「DBMoto」を使用し、オンプレミスからAWSに対し簡単に移行・連携する手法についてご紹介し、
実際にオンプレミスDBからAWSのAmazon Auroraに対してレプリケーションするデモをご覧いただきます。

担当:クライム


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社クライム
住 所 : 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目36-7 蛎殻町千葉ビル4F
TEL : 03-3660-9336
FAX : 03-3660-9337
URL : https://www.climb.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50060449


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ