改正電子帳簿保存法と経理業務のデジタル改革

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/09/16

改正電子帳簿保存法と経理業務のデジタル改革


オープンテキスト


改正電子帳簿保存法と経理業務のデジタル改革のセミナー概要 改正電子帳簿保存法と経理業務のデジタル改革のプログラム 改正電子帳簿保存法と経理業務のデジタル改革の申込み



開催日時

2015年10月9日(金) 14:00〜16:00|申込み締切 2015年10月7日(水)
会  場 オープンテキスト・セミナールーム
東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館18F
東京駅JR日本橋口より徒歩1分/八重洲北口より徒歩2分
大手町駅B7出口より徒歩2分(東西線・丸ノ内線・半蔵門線・千代田線/都営三田線)
日本橋駅A3出口より徒歩4分(銀座線・東西線/都営浅草線)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |経営者CIO|情報システム部の統括


セミナー概要

法改正のポイントや経理業務のデジタル化、事例までをご紹介


社外や取引先からの請求書や領収書などの紙証憑や税務関連書類に関わる作業や管理は、煩雑で多大な労力と時間、保管コストがかかります。
こうした企業の課題に対処するため、以前より法整備が進められていましたが、2015年3月交付の改正電子帳簿保存法(通称e文書法としても知られる)のスキャナー保存の要件緩和によって、経理業務におけるデジタル化の普及が進み、飛躍的な業務効率や合理化が図れるようになると期待されています。

本セミナーでは、元東京国税局、現袖山喜久造税理士事務所の袖山氏をお迎えし、電子帳簿保存法やe文書法対応などの電子化に精通した専門家のお立場から、今回の改正内容と、企業として押さえておくべきポイントを示唆いただくとともに、ERPや業務システムの取引データと紐づけた証憑類の電子化、業務プロセスの効率化、シェアードサービスの促進といった経理業務の合理化と統制管理を支援し、豊富な実績を持つソリューションについてご説明いたします。
また、長年の経験とプロジェクトによって蓄積した、お客様の環境に適した各種シナリオのご紹介や活用事例を加えてお届けいたします。

開催概要の詳細、お申込みについては以下にご案内させていただきます。
お忙しいところ、誠に恐縮ではございますが、何とぞ、ご出席賜りますようお願い申し上げます。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/10/09
14:00〜15:00

基調講演「改正電子帳簿保存法で大きく変わる!企業が考慮すべき4つのポイント」

2015年3月31日に公布された改正電子帳簿保存法。今回改正の中心となるスキャナー保存制度の要件緩和が企業にどんなメリットをもたらすのか、改正の内容を専門家の立場から検証し、具体的に対処すべき勘所などを分かりやすくご説明いたします。
講師 袖山 喜久造
袖山喜久造税理士事務所 
税理士
15:00〜15:10

休憩

15:10〜15:50

「証憑電子化から始める経理業務のデジタル改革」

紙からデジタル化への移行は、業務処理の省力化や承認・監査プロセスの最適化、シェアードサービスによる業務集約、遠隔地との情報共有促進など多大な効果をもたらします。 本セッションでは、企業として取り組むための証憑電子化によるメリットや活用例とともに、お客様の業務や環境、ニーズに適した各シナリオをご紹介しながら、セキュアかつ改ざんできない仕組みづくりについて、業務・システムの両側面からご説明いたします。
講師 オープンテキスト株式会社
15:50〜16:00

質疑応答


このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


オープンテキスト株式会社
住 所 : 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館18館
e-mail : michiko.yanagisawa@opentext.com


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50060427


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ