スマホアプリを活用した次世代マーケティングセミナー

IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/09/10

スマホアプリを活用した次世代マーケティングセミナー


京セラコミュニケーションシステム/アイリッジ


スマホアプリを活用した次世代マーケティングセミナーのセミナー概要 スマホアプリを活用した次世代マーケティングセミナーのプログラム スマホアプリを活用した次世代マーケティングセミナーの申込み



開催日時

2015年10月15日(木) 15:30〜18:30|申込み締切 2015年10月14日(水)
会  場 京セラコミュニケーションシステム 東京支社 5Fセミナールーム
東京都港区三田3-11-34(センチュリー三田ビル)
都営地下鉄浅草線 「泉岳寺」駅 A4出口より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |全社スタッフ|営業・販売


セミナー概要

オンラインとオフラインデータの活用で優れた顧客経験価値を


スマートフォンやソーシャルメディアの普及により消費者の購買行動は劇的に変化しています。企業にとっては、消費者の行動データを活用し、顧客1人ひとりの嗜好や行動に合わせてマーケティングを展開することが重要となっています。
本セミナーでは、ここ数年の急激なスマホシフトにより重要なオウンドメディアとして位置づけられているスマホアプリやオンライン / オフラインの消費者データを有効活用した『O2O / オムニチャネル施策』について、最新事例や次世代ソリューションを交えてご紹介します。
顧客データを活用したデジタルマーケティング戦略にご興味をお持ちの方は是非ご参加下さい。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

15:30〜15:35

ご挨拶

15:35〜16:25

プログラム1 リアルとWebの融合による顧客の経験価値最大化〜リアルタイム・マーケティング・ハブで実現できるオムニチャネル施策とは?〜

昨今、企業と消費者の接点は、バナー広告・メール・SNSなど多様化しています。またスマートフォンやタブレットの普及により、消費者の様々なシチュエーションで企業からのメッセージが配信される状況になっています。このような状況下、消費者は企業からのメッセージングに心地よいコミュニケーション体験を求めています。当社DMPをリアルタイム・マーケティング・ハブとして活用した顧客中心のオムニチャネルマーケティング戦略についてご紹介します。
講師 三谷 陽
京セラコミュニケーションシステム株式会社
インターネットメディア事業本部 商品開発部 部長
16:25〜16:35

休憩

16:35〜17:25

プログラム2 スマホを活用したO2O / オムニチャネル最前線!〜多くの企業が取り組み始める公式スマホアプリ、その活用方法とは?〜

スマートフォンの普及により、実店舗(オフライン)とWeb(オンライン)を効果的かつ効率的に連携させ、多くの企業が相互集客・販売促進を強化するO2O / オムニチャネルに取り組んでいますが、まだまだ手探り段階の企業や、顧客の利便性向上や店舗スタッフの接客支援の有効活用が困難な状態が多く見受けられます。そこで今回は、大手小売りチェーン、商業施設などの最新事例や次世代ソリューションについてご紹介するとともに、O2OビッグデータやO2O決済など、今後のO2Oの潮流についてご紹介します。
講師 小田 健太郎 氏
株式会社アイリッジ
代表取締役社長
17:25〜17:40

質疑応答

17:40〜18:30

交流会

お客様の抱える疑問や課題を共有し、情報交換や意見交換をするためのビジネス交流の場です。軽食も用意していますので、お気軽にご参加下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


京セラコミュニケーションシステム株式会社
URL : http://www.kccs.co.jp/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50060363


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ