【新講座】新発想の要求引出しによる業務分析手法の習得

IT・IT製品TOP > 開発 > システムコンサルティング > システムコンサルティングのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/09/16

【新講座】新発想の要求引出しによる業務分析手法の習得


VCPC ITC倶楽部/バリューチェーンプロセス協議会


【新講座】新発想の要求引出しによる業務分析手法の習得のセミナー概要 【新講座】新発想の要求引出しによる業務分析手法の習得の申込み



開催日時

2015年10月31日(土) 10:00〜18:00|申込み締切 2015年10月29日(木)
会  場 首都圏イノベーションセンターMICAN
東京都品川区大井1丁目6番3号アゴラ大井町ビル3階(静岡銀行ビル)
JR京浜東北線/りんかい線/東急大井町線 
大井町駅より 徒歩2分

地図はこちら
参加費

有料 3万2400 円 (税込)
定 員

10名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|その他


セミナー概要

−演習中心プロセスモデリングによる業務要求引き出し−


◆講座の概要

 当講座は、プロセス参照モデルを活用した業務分析手法を演習中心に学びます。ITコンサル、情シス部門、Sierは、本来、顧客が独自に抱える問題・課題を解決するのが仕事なので顧客企業独自の業務特性に踏み込む必要があります。プロセス参照モデルは、この業務プロセスを調査、分析、設計する際に、全くの白紙からではなく、仮説として利用できるコンテンツ、すなわち業務に関する共通部品です。この共通部品を活用した業務分析手法を体得することでプロセスの抜けの発見、プロセスモデリングの生産性の向上、顧客からの迅速的確な課題、要求、解決策の引き出しが行えます。演習では皆様の結果をディスカッションすることで、更なるプロセス参照モデルを活用した業務分析手法の有効性と可能性を体感していただきます。

◆講座の一口PR

プロセス参照モデルを活用した分析手法を学ぶことで、業務知識・スキルが乏しくても業務分析が可能となります。

◆講座の目的

・業務要求を引き出す上で事前に必要となる企業特性の把握方法と業務参照モデルを応用した分析手法を学びます。
・業務5点セット(用語集、業務プロセスフロー、業務プロセス詳細記述書、業務ルール、インプット・アウトプット説明書)の重要性を理解し、プロセス参照モデルを利用した業務プロセスの調査・記述手法を業務シナリオの作成を通してびます。

◆教材の目次、研修のシラバス

当日のスケジュール、注意事項
1-1 サービスとは、「製造・テスト」の意味
    サービス業(対物)の特徴を考える
    バリューチェーン特性
    ドメイン特性(製造の場合)
1-2 演習(機器保守サービスのドメイン特性は何か) 
2-1 業務参照モデルの関連コンテンツ(レベル2、3)
    製造業のプロセスフロー解説(レベル2)
2-2 演習(ETO品受注までのレベル3プロセスフロー) 
    製造業のプロセスフロー解説(レベル3)
2-3 業務参照モデルの関連コンテンツ(レベル3、4)
    受注・出荷プロセス図解説(レベル3)
    受注・出荷プロセス図解説(レベル4)
2-4 現状のレベル4プロセスの調査・記述
2-5 演習(「RFPの入手と回答」プロセスの詳細を調査・記述)
3-1 ビジネスプロセスからIT要求を引き出す
本日全体での質問
終了


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


特定非営利活動法人バリューチェーンプロセス協議会
TEL : 03-5742-5528


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50060357


IT・IT製品TOP > 開発 > システムコンサルティング > システムコンサルティングのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ