IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/09/03

MCFrame プライベートセミナー


日立ソリューションズ


MCFrame プライベートセミナーのセミナー概要 MCFrame プライベートセミナーのプログラム MCFrame プライベートセミナーの申込み



開催日時

2015年11月4日(水) 14:30〜17:30|申込み締切 2015年11月4日(水)
会  場 日立ソリューションズ 中部支社 (名古屋ルーセントタワー28F)
愛知県名古屋市西区牛島町6-1
JR名古屋駅から徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

5名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |情報システム部の統括|システムの設計・運用


セミナー概要

ものづくりを支えるシステムの勘所をじっくりとご説明します!


生産・販売・原価管理統合パッケージ「MCFrame」は400社以上の製造業様への導入実績を誇り、多種多様なニーズにお応えできる基本機能と高い柔軟性・カスタマイズ性能を持つERPパッケージです。今回のセミナーでは、MCFrameの標準業務モデルに沿ったデモンストレーションを通じ、「MCFrame生産管理機能」のコンセプト・特長をご紹介いたします。

 なお、セミナー講師には複数の業務改革・システム導入プロジェクト経験のある弊社MCFrame認定コンサルタントが担当し、お客様からご質問は随時受け付けいたします。是非、ERPシステム検討予定のあるお客様、これから情報収集されるお客様は本セミナーへご参加下さい!


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/11/04
14:30〜15:15

ERPパッケージ導入検討の進め方とは

 ERPパッケージ導入はお客様の根幹業務の見直しとなり、準備・検討フェーズがプロジェクトの方向性を左右する重要な期間となります。中部地区においても、属人化したホストからのシステム刷新や、業務改善やデータ一元管理を目的としたERP検討を始められるお客様が多くなってきております。 

 本セッションでは、導入検討の進め方、お客様で必要な準備事項、本番までの進め方など、様々なプロジェクトを経験した弊社コンサルタントから、事例を基にご説明をいたします。
 今後、基幹システムご検討予定があり、進め方でお悩みの方へのご参考となれば幸いです。
講師 株式会社日立ソリューションズ
MCFrame認定コンサルタント
15:30〜17:00

国産グローバルERPパッケージMCFrame生産管理の紹介とデモンストレーション

  日本の製造業に求められるきめ細かな管理に対応した機能を備え、国内有数の導入実績を誇るMCFrameの生産管理機能について、製品の標準業務モデルに加え、他社導入事例も含めたデモンストレーションをお見せします。
 また、セミナー中はお客様から随時ご質問を受け付けます。生産管理の仕組みを検討したいお客様、他社でどのように管理しているか興味をお持ちのお客様、抱える業務課題の解決案が欲しいお客様は是非、ご参加下さい!
講師 株式会社日立ソリューションズ
MCFrame認定コンサルタント
17:00〜17:30

個別相談会

 ERP導入検討に向けて、お客様個別のご相談を承る時間を設けております。
 ご希望の方は事前に営業担当にご連絡いただくか、参加申込みWEBページのフォームにご記入下さい。
講師 株式会社日立ソリューションズ
MCFrame認定コンサルタント

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社日立ソリューションズ
住 所 : 名古屋市西区牛島町6−1 名古屋ルーセントタワー
TEL : 052-569-2177
FAX : 052-569-2178
e-mail : naoya.miwa.rv@hitachi-solutions.com
URL : http://www.hitachi-solutions.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50060280


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ